萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 27日

Chicago Club Night #16 atデガダンデラックス

北九州のドグラマグラという、結成してもう10何年にもなる、熟練バンドとの共演。

このイヴェントは、ちょっと色々あったのだけど、それはココではもう書くまい。

メンバーの方々と美味い蕎麦を食べに行って、イケる焼酎をグイグイ飲む。
楽しい話になるが、ライブでココをこうしようとか、どうしようとか、ライブ前のメシにありがちな「音楽的な」会話は一切無し。
こうやって会話すること自体が、既にライブであり、そこから楽器を持ってステージで会話することが、所謂ライブである、って事の様な気がする。

f0065630_2184885.jpg

大概酔っ払ってたので、細かいことは覚えていないが。
主催者は僕が入ることで、アヴァンギャルド色を期待した見たいだから、期待に応えて、ラップトップ用のノートパソコンまで用意したものの、本番で配線ミスしたのか、不発。
この日のために、ネタを厳選したのに・・・・まーいいや。

PAはホンマにひどかった。
バイオリンの音が途中で異様にでかくなって。ウワってなって。
なんか、明らかに卓の操作をミスってるんだが。バランスがメチャクチャ。
ヘンな高周波がキ======ン!とキタ!って思ったらもう、急性の難聴になってて、鼓膜が浮いたようになってしまい、周りの音が認識できなくなっていた。聴こえない、のである。これホンマ。
普通のフレーズを丹念に紡ぐ様なプレイはこの状況ではできないなと判断、ジャンク系の感性で演奏するように切り替える。ノイズ系の人でチェーン振り回したりライブ中に炊飯器で鳥ナベしたりする感じをイメージして、とにかくシッチャカメッチャカというか、オルタナ精神を心がける。出音なんかケンチャナヨ。
そうすると、エネルギーのポイントが割りと保たれたまま、最後までいける。
禍転じて自己中心となす。

シメは綺麗な曲なんで、ここでフレーズを作って「泣かせる」わけね。
「皇帝」はいい曲で、演奏しながら、加藤崇之さんの優しさに泣いた。プレイヤーが泣いてどうするちゅうの!!

でもほんと、こういう状況でも、ドグラとの演奏は最高である。
エネルギーの純度が高い、というのか、迷い無く演奏できる。
その懐の中で僕がジタバタした感もかなりあったような気がするが・・・・・

谷本さんも終わったあと、「たのしかったネ」と。
そう、楽しければ、それでいいよ。

打ち上げでもオルタナ精神発揮しまくる。
ここでは書かないが(笑)。

by ryosai160 | 2007-06-27 21:12


<< Earth Peace Hir...      北九州紀行 >>