萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 04日

音で絵を描く

昨日は|uniq"est|の練習が高砂のアイギャングであった。
新曲2曲を制作&練習。
相変わらず流行らないスナックのようなアヤシイ照明のスタジオの中で、休みもなく曲を捻り出す作業。不思議と集中、波長が乱れない。暗室に篭ってネガを焼く作業のようなものか。適度な暗さが集中力を増すようだ。

皆で空中のキャンバスに絵を描くような感覚。もう、即興とか曲という「音楽的」な気持ちが殆どない。少なくとも僕は。
映像のhideくんが新メンバーとして加わり、さらにこの「絵画的思考」は加速するだろう。


今朝はアルバム用のMIXのデータがメールで届いていた。
以前貰ったデータとはまた違った、ところどころ意表を突くイイ感じの色彩になっている。
僕の「色」は墨絵のように変わらないが。これから出来ることは、「にじみ」と「ぼかし」を生かすこと。

音楽をすることが限りなく絵を描くことに近づいてきている。

この感慨と、一回コッキリのライブ空間を身体を張って生きることが上手くフィードバックしつつある。


そう簡単に、身体がきついからとか言ってライブが止めれる訳ではない。
身体を超えた場所に夢を見れるようになって来ているのに。

by ryosai160 | 2007-06-04 23:59


<< 高柳昌行『侵蝕』をめぐるノート      カフェ「吾木香」(われもこう) >>