萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 10日

わだつみのいろこの宮

先日のGW期間中に、久留米の石橋美術館に、同地出身の天才画家・青木繁展を見に行った。
彼の息子は、かの尺八奏者で作曲家の福田蘭童。(「笛吹童子のテーマ」で有名)
僕は、蘭童氏作曲の尺八3重奏曲「わだつみのいろこの宮」のモチーフになった青木繁の原画をナマで観てみたい、とかねがね(もう20年ぐらいになるかナ)思ってたので、この展覧会は非常に嬉しいものとなった。
f0065630_18253013.jpg

実際に実物を目の当たりにして、日本の神の世界と西洋の神の世界が渾然一体となっている、なんともはや解釈の仕様がなくもうただただその神秘を感じるしかない不思議な質感の絵画世界に、言葉を失い脳みそは空白となる。
青木繁の絵には実に沢山の海のモチーフが繰り返し顕われるが、この絵にも、海の底知れない存在の奥深さが、女神というものにカタチをかえて描かれている、と感じる。
精霊のようなものか。
ただひたすら反復する波にも海の無限の精神性を実感するが、海の底深くに存在する海の精霊=女神
の精神的実在を感じ、親子ともどもその具現に心砕いている、その精神の歴史的な流れに思いを馳せるひとときとなった。
一言で言えば、おおきなものを感じた、ということだ。


PS 上記の尺八3重奏曲「わだつみのいろこの宮」は、youtubeにupされています。
僕が確認したところ、2種類の演奏があるようです。
どちらも、もとはピアノ曲を尺八合奏にアレンジしたテクニカルなこの曲を、よくこなせるナ~という感じです。
(実は僕も学生時代にチャレンジしたけど歯が立たなかった・・・・orz)

by ryosai160 | 2011-05-10 22:23 | diary


<< ロケットSON もうすぐ一周忌      4/23 Bassist河村純... >>