萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 10月 29日

25日 津軽三味線ライブ at ぎゃらりい花うさぎ

毎年恒例になってきた、金武の「花うさぎ」での津軽三味線ライブ。
いつも沢山のお客さんにご来場いただいている。
これも、メインの津軽三味線奏者・大石秀治ことじょんがらジョンさんの人徳のなせる業だろう。
何時も呼んで貰って恐縮である。

今回は、大石氏と僕の他に、中野みち子さんの津軽三味線・歌・太鼓、そして、彼女の2人の息子さんの津軽三味線DUO「岡野兄弟」(中野さんの本名は岡野姓)、という面子。
岡野兄弟は2人ともまだ20代前半の、若さ溢れる演奏で喝采を浴びていた。
そして、津軽三味線のカルテットによる合奏曲は圧巻だった!!
写真はそのリハ風景。音が聴こえてきそうだ・・・・
f0065630_22144223.jpg


僕は、数曲演奏。
f0065630_23255853.jpg

大石氏とのイキの合ったDUOの合間に、MCを挟む。ずっと課題のMCなんだが、フランス人がボソボソ喋るのにヒントを得て、ボソボソと自分のトーンでMCしたら、リラックスして喋れて、大いに受けた。どちらかと言うと、演奏よりもMCに力が入っていた?ww
「こうでなくちゃ」と囚われずに自分の味を出したら良いんだナ、という勉強になった・・・・気がするw
尺八、というと身構える方も居たりするので、笑いで緊張をほぐして、虚無僧尺八のソロなんか吹くと、実に熱心に聴き入って下さる。

それと、中野さんを加えての3人で「弥三郎節」「津軽甚句」。
f0065630_23261899.jpg

彼女の張りのある歌と、合いの手に絶妙に入る太鼓がカッコいい!!
声に、青森の「風土」を感じる。イントネイションが実に津軽の節にマッチングする。雪国の人の粘り強さ、と言うのか・・・・当たり前のことだけど、改めて違いを感じるのだ。
満場の拍手。盛り上がった。
そのお客さんたちの暖かさに乗せられるように、実に自然に尺八を吹けて、そして僕の音が中野さんの声とユニゾンする気持ち良さ・・・・ユニゾンの豊かさ、を、これも改めて実感した。ユニゾンこそ、ハーモニーの原型であると思う。重ね合わせる声が素晴らしいので、演奏しながら感じる幸せも増す。

アンコールの、「津軽よされ節」。中野さんと大石氏のDUO。
感動した。
ドンドン窮めて行っている三味線と、突き抜ける歌声の美しさに、出演者ということを忘れて、酔った。
良い時間だった。


このライブは毎回茶菓子つきである。
お菓子はどれも美味しそうだ。
一つ頂いたがww
f0065630_22263081.jpg


頂いた・・・と言えば、中野さんから、津軽三味線の携帯ストラップを頂いた。
有難うございます。
先日、大石氏と、沖縄での青森フェアに出演されたそうだ。大盛況だったとのこと。
f0065630_2228549.jpg


by ryosai160 | 2009-10-29 22:37


<< 31日 十六天神社(福岡県前原...      日曜日 >>