萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 20日

臼杵へ~重松さんのピアノと椎原さんの「ぬのことば」

f0065630_21573753.jpg
f0065630_21574392.jpg
f0065630_21574939.jpg
f0065630_21575548.jpg
f0065630_2158143.jpg
f0065630_2158862.jpg
f0065630_21581597.jpg
f0065630_21582275.jpg
f0065630_21582881.jpg
f0065630_21583455.jpg
f0065630_21583965.jpg


臼杵で、重松壮一郎さんのライブがあるということで、聴きに行った。
ぬのことば」を主催されている椎原由起子さんの布のオブジェとの「共演」。
久家の大蔵という歴史のある蔵の中で、重松さんの音にタップリと浸り、とても良い時間を過ごさせてもらった。
ずっと年間100回以上のライブをこなし、それでもなお見せ掛けの円熟や技巧に走らずに音楽のシンプルな真っ芯をキープし続け無駄を削いで研ぎ澄まし、僕が共演させてもらってた数年前よりもヨリ一音一音の響きに耳を傾けることのできる進境地に至っている精神力に感嘆すると同時に、心の奥底で励まされるものがあった。
といっても、苦行僧のそれではない。なんかやっぱり、音楽=音を楽しむ、というべきものだ。柔らかな温かさ、ノンビリと散歩する気持ちよさ・・・そんなことも醸し出されている音たち。
蔵の空間(柱や壁や梁・・等等)や椎原さんのオブジェが重松さんの音楽に呼応して動いて生きていたことに、この類まれなる音楽家のすべてのモノゴトとの命の交感を想う。
そして、この2人のアーティストの生の方向性がブレずに一致していることから生み出される生き生きとした時空間に身を置けて、この場に居れて良かったナとシミジミ感じた。
1ファンとしてライブに来れて、リスナーとして音に浸れてラッキーだった。

今月リリースされたばかりのCD"tsumugi"(娘さんの名前、ちなみにジャケットデザインは奥さんが手掛けられている)等を購入し、サインしてもらった。
僕も共演した「風のゆくえ」「黒い森 黒い鳥」が収録されていて、帰り道に、それらの曲を演奏したときのことを思い起こした。
自分の音の影もこの作品に在ることは、やっぱり嬉しい。

HPで拝見してナマで見たいと切望し、間近で見ることのできた椎原さんのオブジェの素晴らしさに感動して、身近に置いておきたいと思い、販売していた小さなオブジェを購入。
派手ではないけれども、明るく楽しい感じ。



臼杵ははじめて来たので、地元の名物料理も堪能する。
河豚で有名な街だが、今回は味噌中心に。
卵黄の味噌漬け・黄飯に「かやく」を掛けて食べるのが特に気に入った。

# by ryosai160 | 2012-05-20 22:24 | diary
2012年 05月 12日

旅先で「諏訪内晶子・燦めく室内楽」を聴く

一人旅がたまにしたくなる。
で、宮崎に行ってみた。宮崎は阿蘇経由で高千穂ぐらいしか行ったことが無く、市内は仕事でもプライヴェートでも縁がなかったので、安い高速バスも開通したことだし・・・というので。
旅先に着いてから、あれこれウロウロする計画を立てるのが何時ものことで、絶対に行きたいところだけ一つかふたつ予め決めておいて、あとは現地でコーヒーでも飲みながらネットで調べたり街の案内パンフを見たりしてうろつき先を決める。
消化試合みたいな旅はなるべく解消したい。
f0065630_199926.jpg

ホテルのロビーのチラシをいろいろ眺めていると、開催中の「宮崎国際音楽祭」のがあり、中を見ると、ちょうど予定のない日に、表記のコンサートが開催されると言うことで・・・・諏訪内女史は何か凄い年代モノのストラディバリウスを使っているとか、メディア的な派手な露出とはまた別に演奏家としては素晴らしくて特に音色がいいとか聞いていたので聴いてみたいナとは思ってたので、早速、会場のメディキット県民文化センターにチケットを買いに行った。
f0065630_21113824.jpg

B席で3000円。福岡のアクロスあたりでは、考えられない価格。旭化成がバックアップしているから可能な価格設定なんだろうか。それにしては、イマイチ売れていない感じではあったが。
f0065630_1994237.jpg

当日、会場のアイザックスターンホールは、7割がた埋まっていた感じ。高名な演奏家のコンサートにしては、とも思ったが。
しかし、演奏は素晴らしかった!!行って良かった。運のよさに感謝。
楽器も素晴らしいんだろうけど、諏訪内女史の音色は、本当にまろやかで変化と陰影に富んでいて、容姿も相俟って、内面も成熟したイイ女の醸し出す雰囲気のものであった。真面目で学究的な性格の方のようで、曲によって音色を使い分けたりしたが、それも思い付きではなく、たとえばバルトークのルーマニア民俗舞曲では、途中に笛をモチーフにしたフレーズが出てくるが、あたかもルバーブやネイのような音色をバイオリンで奏で、もとになった民俗音楽にも耳を傾けているんだろうな、と思ったり。
チャイコフスキーの曲では、独特のロシアの風土を感じさせる雰囲気が、ロシア出身の共演者と共に醸し出されていた。あの、沈んだような響きのピアノの和音にマッチした音色、秘めやかで情熱的なチェロとの掛け合い。「そこ」で自然に生み出された音楽のようだった。
即興というのとは違うが、風土という酒樽から抽出された極上の酒の一滴一滴のようなひとつひとつの音・・・といったらいいのか。チェロの音色とそのひた向きに奏でる姿に厳しくも温かい大地に生きるロシアの農夫をフト思い、音で綴られる風土の息吹のような感じがして、クラシックを聴いていてこんな身近な気持ちになったのも初めてだった。
終わって満場の拍手が鳴り止まず。
お決まりのアンコールは無し。
それも、演奏会そのものの輪郭がハッキリして、とても良かった。

# by ryosai160 | 2012-05-12 19:10 | performance/live
2012年 05月 06日

日向国紀行

f0065630_175446100.jpg
f0065630_17545534.jpg
f0065630_1755127.jpg
f0065630_1755876.jpg
f0065630_17551483.jpg
f0065630_17552050.jpg
f0065630_17552716.jpg
f0065630_17553488.jpg
f0065630_17554154.jpg
f0065630_17554783.jpg
f0065630_17555455.jpg


これまで殆ど思っても見なかった、魂とか死と再生とか霊とか神話とか神秘とか・・・そういうコトを感じつつ旅した、素晴らしい時間。こういう場所があるのだと驚愕しながら、古からの森羅万象の「流れ」の広大さに気の遠くなる思いがしたりした。

# by ryosai160 | 2012-05-06 18:01 | diary
2012年 04月 24日

映画:キム・ギドク『アリラン』を見る

f0065630_19432958.jpg

「映画が撮れなくなったので自分を撮ることにした」と語るキム・ギドク自身しか登場しない、モノローグ風の作品。「風」というのは、決してモノローグではないからだ。「キミとボク」のような明快かつ単調な主客の世界はこの作品にはない。
現実に存在する自分、影として存在する「自分」、自然としての「自分」。それらの「沢山の自分」が登場し、何層もの「語る」「見る」行為(それは「語る自分」を撮影した映像をパソコンのモニターで「見る自分」を固定したビデオカメラで撮影する、というシーン・・・更にそれを映画として全く第三者の観客<その中には当然、この映画を見てこのブログを描いている僕も居る>が見る・・・に象徴される)を通して、全編でしばしば語られる「人生」という言葉を解体し、無に帰するような、激しい虚無の渦を感じた映画。
どれが「本当」なのか分からない『「自分」という現象』を徹底的に突き放すこと。それが、「突き放す」という美学(もう一寸具体的にいえば「生と死の紙一重の酷薄さ」)で映画を創ってきたキム・ギドクのこの作品時点での到達点なのではないか。
「アリラン」を熱唱したり、かつて撮影した映画を独り見て涙に暮れるシーンさえも、一見素朴な様でいて実は何だかカメラの存在を意識し前提にした「周到に用意された」行為のようにも思えるのだが、思わずこっちまで泣けてくるのは何故か?「感情」は共有できる、ということなのか。
全ては計算ずくなのか?山に篭って、人との交わりを絶ち、3年も映画を撮っていないのも、ひとえにこの『アリラン』のためなのか。
で、そういうモノローグ風なシーンから、最後らへんで手作りのピストルを片手に、多分嘗ての恨みを晴らしたい人物達を次々に殺していき(そのシーンは暗示されているだけだが)お終いに自死する、という完全虚構のハードボイルドな幕切れに自然に移行し、エンディング・・・という思いがけないカラクリにリアリティを感じ、最後まで眠らずに飽きずに見通すことが出来た。
このキム・ギドクって人は、つくづく、侮れない確信犯だなあ、と思いつつ、映画館を後にした。

# by ryosai160 | 2012-04-24 19:43 | thought/idea
2012年 04月 01日

SAKURA

f0065630_22304461.jpg
f0065630_22305133.jpg
f0065630_22305991.jpg
f0065630_2231680.jpg
f0065630_22311387.jpg
f0065630_22312095.jpg


# by ryosai160 | 2012-04-01 23:59 | diary
2012年 01月 21日

【Youtube動画】12.25 諸岡 光男 個展『December 2011』クロージングライブイベント

先日出演させてもらったイヴェントの動画を、主催者&共演者の諸岡君がYoutubeにupしてくれました。

f0065630_1850315.jpg


リンクはココ
http://www.youtube.com/watch?v=XPO-QDHyc0w

この時は6曲演奏しました。2曲ずつ、「古典」「現代音楽 contemporary music(tone)」「自作曲」と分けたんですが、そのうちの「現代音楽 contemporary music(tone)」のパートがupされています。
諸岡君は映像を担当していますが、signwaveで僕の音と絡んだりしています。
久々に彼の音とも共演できて楽しかったです。

ご覧ください。

# by ryosai160 | 2012-01-21 10:57 | performance/live
2012年 01月 09日

長崎ぶらぶら

f0065630_14544721.jpg
f0065630_1455877.jpg


県立美術館で「ロバート・ハインデル展 人間賛歌」を観る。
世界のバレリーナを描く画家。
バレリーナのパートナーと行ったので、色々と解説をしてもらいつつ理解を深める。
中でも『ダンス・ハウス42』という作品に感銘を受ける。
息子の死に触発されて描かれたというこの絵には、光から闇の世界に存在するダンサー達が、闇の漆黒の中にも確かに存在し、光の中に溶けてもなお存在し、その中間の「この世」でその形は確かに存在する・・・「生」と「死」をartの力で超えようとする作家の意思をヒシヒシと感じた。

f0065630_14552060.jpg
f0065630_14553097.jpg
f0065630_14554248.jpg


観光通のアーケードに、当地出身の蛭子能収画伯の作品が。
「ああ長崎・・」
長崎への愛が伝わってくる。

# by ryosai160 | 2012-01-09 23:59 | diary
2012年 01月 01日

2012

f0065630_052330.jpg


# by ryosai160 | 2012-01-01 00:52 | diary
2011年 12月 31日

不思議なほど

2011年に関して、思い浮かぶことは特に無い。
出来事はそれなりに色々あったし、頑張ったことも折々あったけど。
「感慨」が無い。

絵巻物のように、物事が水平に過ぎていく感じ。
絵巻物をたぐって、物事を茫漠と思い起こしている感じ。

「記憶」のフィルターが年々、弱まってきているのかもしれない。
が、
「現在」へのセンサーは年々、強まって欲しいと願う。

以下、今年最も愛読した、
故・成田三樹夫の句集『鯨の目』(無明舎出版刊)より。
f0065630_2120255.jpg

道をゆくわが一歩一歩の不思議かな
f0065630_21212578.jpg

一瞬大空のすき間あり今走れ

# by ryosai160 | 2011-12-31 21:23 | diary
2011年 12月 30日

諸岡光男個展 December 2011 クロージングライブイヴェント終了

f0065630_17241899.jpg

f0065630_1744677.jpg

会場の「八万湯」。
昔は銭湯だったが、今は、アートスペースとして活用されている。
f0065630_1725983.jpg

f0065630_17252471.jpg
f0065630_17253420.jpg

諸岡君の個展の作品。
洗練されたヴァーチャル・パフォーマー・システム。
人体の動きにセンサーが反応し、模様や音が変化する。
ソフトやプログラムは全て、ネットでダウンロードしたものをカスタマイズしたものらしい。
センサーはXBOXというゲーム機用のモノ。
PHSがいつの間にかスマートホンに変わったようなメディアの変化を実感する。
それにしても、風呂桶の中にいきなり作品が・・・シュールすぎる(笑)
f0065630_1730834.jpg
f0065630_17302314.jpg

その風呂桶は、カフェとしても活用されていた(笑)
嘗ては八幡製鐵所の労働者とその家族の皆さんが汗を流していたであろう場所が、今はアートの現場として再生されるなんて、誰も夢にも思わなかったに違いない。
現実は小説より奇なり、である。
ちなみに、このカフェは工房日々<さんがイヴェント中に出店。サンドイッチが抜群に美味しかった。ベトナムのバインミーみたいなアジアンテイスト。
f0065630_1734554.jpg
f0065630_17341970.jpg

f0065630_1822988.jpg

(u stream配信)
f0065630_17343521.jpg

ライブの様子。
弾き語りあり、バリバリのラップトップあり、お茶目なグループアートのskype中継ありと、諸岡君の関心とこれまでの付き合いの幅の広さを垣間見るユニークな面子。

その中で、彼の映像と僕の尺八の共演は、ちょっと異彩を放ったかも。
今回は、色々記した冊子を配った。
今までナカナカ纏めきれなかった、尺八・演奏・機材・その他モロモロへの想いをこのブランクの時期に音と言葉で纏めることができて、却ってよかったナと感じている。(今年の春に行った河崎純さんのライブの影響も多分にある)
ライブの予定が詰まって忙しくしていると、知らず知らずの内に、とにかくコナすだけで一杯一杯で、1曲/1フレーズ/1音に中々神経が行き届かなかったりするが(振り返ってみて、僕は正直そうだった)、今までのレパートリーのひとつひとつにジックリ想いを深めて披露できて、これからの礎となるライブになったと思う。
(誤解の無いように言っておくが、「コナす」ことは演奏家の成長にとって絶対に必要だし、僕を呼んでくださった/共演してくださった方々への感謝は今も当然抱いている。あくまでも、僕の未熟さの述懐、ということでお許しいただきたい)
実際のライブの「場」では、先ずは八万湯の空間の響きをノーマイクの虚鐸で味わい、その後、尺八にエフェクターをプラスしてバーチャルな竹の音の場を演出できたかと思う。
「そこ」でしか出来ないことが存分に出来て演奏中もワクワク感が込み上げ、とにかく楽しかった!!
諸岡君、いいチャンスを頂きありがとうございました。

# by ryosai160 | 2011-12-30 17:43 | postscript