萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 20日

臼杵へ~重松さんのピアノと椎原さんの「ぬのことば」

f0065630_21573753.jpg
f0065630_21574392.jpg
f0065630_21574939.jpg
f0065630_21575548.jpg
f0065630_2158143.jpg
f0065630_2158862.jpg
f0065630_21581597.jpg
f0065630_21582275.jpg
f0065630_21582881.jpg
f0065630_21583455.jpg
f0065630_21583965.jpg


臼杵で、重松壮一郎さんのライブがあるということで、聴きに行った。
ぬのことば」を主催されている椎原由起子さんの布のオブジェとの「共演」。
久家の大蔵という歴史のある蔵の中で、重松さんの音にタップリと浸り、とても良い時間を過ごさせてもらった。
ずっと年間100回以上のライブをこなし、それでもなお見せ掛けの円熟や技巧に走らずに音楽のシンプルな真っ芯をキープし続け無駄を削いで研ぎ澄まし、僕が共演させてもらってた数年前よりもヨリ一音一音の響きに耳を傾けることのできる進境地に至っている精神力に感嘆すると同時に、心の奥底で励まされるものがあった。
といっても、苦行僧のそれではない。なんかやっぱり、音楽=音を楽しむ、というべきものだ。柔らかな温かさ、ノンビリと散歩する気持ちよさ・・・そんなことも醸し出されている音たち。
蔵の空間(柱や壁や梁・・等等)や椎原さんのオブジェが重松さんの音楽に呼応して動いて生きていたことに、この類まれなる音楽家のすべてのモノゴトとの命の交感を想う。
そして、この2人のアーティストの生の方向性がブレずに一致していることから生み出される生き生きとした時空間に身を置けて、この場に居れて良かったナとシミジミ感じた。
1ファンとしてライブに来れて、リスナーとして音に浸れてラッキーだった。

今月リリースされたばかりのCD"tsumugi"(娘さんの名前、ちなみにジャケットデザインは奥さんが手掛けられている)等を購入し、サインしてもらった。
僕も共演した「風のゆくえ」「黒い森 黒い鳥」が収録されていて、帰り道に、それらの曲を演奏したときのことを思い起こした。
自分の音の影もこの作品に在ることは、やっぱり嬉しい。

HPで拝見してナマで見たいと切望し、間近で見ることのできた椎原さんのオブジェの素晴らしさに感動して、身近に置いておきたいと思い、販売していた小さなオブジェを購入。
派手ではないけれども、明るく楽しい感じ。



臼杵ははじめて来たので、地元の名物料理も堪能する。
河豚で有名な街だが、今回は味噌中心に。
卵黄の味噌漬け・黄飯に「かやく」を掛けて食べるのが特に気に入った。

by ryosai160 | 2012-05-20 22:24 | diary
2012年 05月 12日

旅先で「諏訪内晶子・燦めく室内楽」を聴く

一人旅がたまにしたくなる。
で、宮崎に行ってみた。宮崎は阿蘇経由で高千穂ぐらいしか行ったことが無く、市内は仕事でもプライヴェートでも縁がなかったので、安い高速バスも開通したことだし・・・というので。
旅先に着いてから、あれこれウロウロする計画を立てるのが何時ものことで、絶対に行きたいところだけ一つかふたつ予め決めておいて、あとは現地でコーヒーでも飲みながらネットで調べたり街の案内パンフを見たりしてうろつき先を決める。
消化試合みたいな旅はなるべく解消したい。
f0065630_199926.jpg

ホテルのロビーのチラシをいろいろ眺めていると、開催中の「宮崎国際音楽祭」のがあり、中を見ると、ちょうど予定のない日に、表記のコンサートが開催されると言うことで・・・・諏訪内女史は何か凄い年代モノのストラディバリウスを使っているとか、メディア的な派手な露出とはまた別に演奏家としては素晴らしくて特に音色がいいとか聞いていたので聴いてみたいナとは思ってたので、早速、会場のメディキット県民文化センターにチケットを買いに行った。
f0065630_21113824.jpg

B席で3000円。福岡のアクロスあたりでは、考えられない価格。旭化成がバックアップしているから可能な価格設定なんだろうか。それにしては、イマイチ売れていない感じではあったが。
f0065630_1994237.jpg

当日、会場のアイザックスターンホールは、7割がた埋まっていた感じ。高名な演奏家のコンサートにしては、とも思ったが。
しかし、演奏は素晴らしかった!!行って良かった。運のよさに感謝。
楽器も素晴らしいんだろうけど、諏訪内女史の音色は、本当にまろやかで変化と陰影に富んでいて、容姿も相俟って、内面も成熟したイイ女の醸し出す雰囲気のものであった。真面目で学究的な性格の方のようで、曲によって音色を使い分けたりしたが、それも思い付きではなく、たとえばバルトークのルーマニア民俗舞曲では、途中に笛をモチーフにしたフレーズが出てくるが、あたかもルバーブやネイのような音色をバイオリンで奏で、もとになった民俗音楽にも耳を傾けているんだろうな、と思ったり。
チャイコフスキーの曲では、独特のロシアの風土を感じさせる雰囲気が、ロシア出身の共演者と共に醸し出されていた。あの、沈んだような響きのピアノの和音にマッチした音色、秘めやかで情熱的なチェロとの掛け合い。「そこ」で自然に生み出された音楽のようだった。
即興というのとは違うが、風土という酒樽から抽出された極上の酒の一滴一滴のようなひとつひとつの音・・・といったらいいのか。チェロの音色とそのひた向きに奏でる姿に厳しくも温かい大地に生きるロシアの農夫をフト思い、音で綴られる風土の息吹のような感じがして、クラシックを聴いていてこんな身近な気持ちになったのも初めてだった。
終わって満場の拍手が鳴り止まず。
お決まりのアンコールは無し。
それも、演奏会そのものの輪郭がハッキリして、とても良かった。

by ryosai160 | 2012-05-12 19:10 | performance/live
2012年 05月 06日

日向国紀行

f0065630_175446100.jpg
f0065630_17545534.jpg
f0065630_1755127.jpg
f0065630_1755876.jpg
f0065630_17551483.jpg
f0065630_17552050.jpg
f0065630_17552716.jpg
f0065630_17553488.jpg
f0065630_17554154.jpg
f0065630_17554783.jpg
f0065630_17555455.jpg


これまで殆ど思っても見なかった、魂とか死と再生とか霊とか神話とか神秘とか・・・そういうコトを感じつつ旅した、素晴らしい時間。こういう場所があるのだと驚愕しながら、古からの森羅万象の「流れ」の広大さに気の遠くなる思いがしたりした。

by ryosai160 | 2012-05-06 18:01 | diary