萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

不思議なほど

2011年に関して、思い浮かぶことは特に無い。
出来事はそれなりに色々あったし、頑張ったことも折々あったけど。
「感慨」が無い。

絵巻物のように、物事が水平に過ぎていく感じ。
絵巻物をたぐって、物事を茫漠と思い起こしている感じ。

「記憶」のフィルターが年々、弱まってきているのかもしれない。
が、
「現在」へのセンサーは年々、強まって欲しいと願う。

以下、今年最も愛読した、
故・成田三樹夫の句集『鯨の目』(無明舎出版刊)より。
f0065630_2120255.jpg

道をゆくわが一歩一歩の不思議かな
f0065630_21212578.jpg

一瞬大空のすき間あり今走れ

by ryosai160 | 2011-12-31 21:23 | diary
2011年 12月 30日

諸岡光男個展 December 2011 クロージングライブイヴェント終了

f0065630_17241899.jpg

f0065630_1744677.jpg

会場の「八万湯」。
昔は銭湯だったが、今は、アートスペースとして活用されている。
f0065630_1725983.jpg

f0065630_17252471.jpg
f0065630_17253420.jpg

諸岡君の個展の作品。
洗練されたヴァーチャル・パフォーマー・システム。
人体の動きにセンサーが反応し、模様や音が変化する。
ソフトやプログラムは全て、ネットでダウンロードしたものをカスタマイズしたものらしい。
センサーはXBOXというゲーム機用のモノ。
PHSがいつの間にかスマートホンに変わったようなメディアの変化を実感する。
それにしても、風呂桶の中にいきなり作品が・・・シュールすぎる(笑)
f0065630_1730834.jpg
f0065630_17302314.jpg

その風呂桶は、カフェとしても活用されていた(笑)
嘗ては八幡製鐵所の労働者とその家族の皆さんが汗を流していたであろう場所が、今はアートの現場として再生されるなんて、誰も夢にも思わなかったに違いない。
現実は小説より奇なり、である。
ちなみに、このカフェは工房日々<さんがイヴェント中に出店。サンドイッチが抜群に美味しかった。ベトナムのバインミーみたいなアジアンテイスト。
f0065630_1734554.jpg
f0065630_17341970.jpg

f0065630_1822988.jpg

(u stream配信)
f0065630_17343521.jpg

ライブの様子。
弾き語りあり、バリバリのラップトップあり、お茶目なグループアートのskype中継ありと、諸岡君の関心とこれまでの付き合いの幅の広さを垣間見るユニークな面子。

その中で、彼の映像と僕の尺八の共演は、ちょっと異彩を放ったかも。
今回は、色々記した冊子を配った。
今までナカナカ纏めきれなかった、尺八・演奏・機材・その他モロモロへの想いをこのブランクの時期に音と言葉で纏めることができて、却ってよかったナと感じている。(今年の春に行った河崎純さんのライブの影響も多分にある)
ライブの予定が詰まって忙しくしていると、知らず知らずの内に、とにかくコナすだけで一杯一杯で、1曲/1フレーズ/1音に中々神経が行き届かなかったりするが(振り返ってみて、僕は正直そうだった)、今までのレパートリーのひとつひとつにジックリ想いを深めて披露できて、これからの礎となるライブになったと思う。
(誤解の無いように言っておくが、「コナす」ことは演奏家の成長にとって絶対に必要だし、僕を呼んでくださった/共演してくださった方々への感謝は今も当然抱いている。あくまでも、僕の未熟さの述懐、ということでお許しいただきたい)
実際のライブの「場」では、先ずは八万湯の空間の響きをノーマイクの虚鐸で味わい、その後、尺八にエフェクターをプラスしてバーチャルな竹の音の場を演出できたかと思う。
「そこ」でしか出来ないことが存分に出来て演奏中もワクワク感が込み上げ、とにかく楽しかった!!
諸岡君、いいチャンスを頂きありがとうございました。

by ryosai160 | 2011-12-30 17:43 | postscript
2011年 12月 30日

八幡散策

f0065630_1713286.jpg

JR八幡駅前の「八幡のちゃんぽん」。昔は「銀河のちゃんぽん」だったが、代替わりしたみたい。
ちゃんぽんに唐揚げが載っているのが北九州流。かなりクリスピーな唐揚げなんで、ビチャビチャにはならず。NYCのハーレムのソウルフード屋で食したクリスピーチキンを彷彿とさせる。
f0065630_17162064.jpg
f0065630_17163063.jpg

有楽第一劇場。
「Allways 3丁目の夕陽」で出てきた映画館。
そして、今はホントに残り少なくなってしまったポルノ映画館。
その昔、八幡が賑わっていた頃は一般館だったとのこと。
受付のおばあさんは、八幡の街の移り変わりを肌で知っているんだナ・・・
f0065630_17201623.jpg
f0065630_17203146.jpg

昔からの街並み。
ちょっと寂しい感じ。
それが、またイイ。

by ryosai160 | 2011-12-30 17:22 | diary
2011年 12月 23日

【ライブ情報】12.25 諸岡 光男 個展『December 2011』クロージングライブイベント

■場所:八万湯(北九州市八幡東区祇園)

■開場・開演:17:00/17:30

■料金:1500円(1ドリンク込)

■出演…
・ニールマナ(弾き語り)
・吉濱 翔(沖縄よりSkypeでの参加)
・藤岡 定 (sadmb) ÷ anno lab.(オーディオ・ビジュアル・パフォーマンス)
・小山 冴子(弾き語り)×生島 国宜(ライブペインティング)
・Lyopsy108(尺八・電気)×諸岡 光男(映像)

■FOOD&DRINK:工房日々<

■タイムテーブル
17:30~ ニールマナ(弾き語り)
18:10~ 吉濱 翔(沖縄よりSkypeでの参加)
18:50~ 藤岡 定 (sadmb) ÷ anno lab.(オーディオ・ビジュアル・パフォーマンス)
19:30~ 小山 冴子(弾き語り)×生島 国宜(ライブペインティング)
20:10~ Lyopsy108(尺八・電気)×諸岡 光男(映像)

■主催:八万湯プロジェクト実行委員会

■お問い合わせメールアドレス:メールアドレス 八万湯(高橋) kozou721(at-mark)gmail.com

※USTもやります http://www.ustream.tv/channel/morooka※twitterハッシュタグ #hachimanyu

f0065630_2151237.jpg
f0065630_21513464.jpg


今年2回目にして最後のライブです(笑)。
昔、バンドでご一緒してた諸岡君のお誘いで出演することになりました。
だいたい30分ぐらいの演奏です。
会場の「八万湯」は、廃業した銭湯をアートスペースとして再利用し、北九州の文化の発信拠点の一つとする場所のようです。
面子も、諸岡君の日頃のユニークな活動を反映した感じに思います。
上記アドレスにてユーストリーム配信を行うようです。そちらもお楽しみに!!

by ryosai160 | 2011-12-23 19:09 | performance/live
2011年 12月 20日

リハーサル

f0065630_18553573.jpg
f0065630_1855462.jpg
f0065630_18555541.jpg


吉野スタジオで、25日のライブに備えて練習&リハーサル。

何年ぶりかな、ここ来るの。
相変わらずの緩やかなイイ感じの場所。
福岡に来て一番最初に、「とんちピクルス」の松浦さんに連れてもらってきてから、10数年経つけど、ホントに昔のまま。
外の待ち合い場所には、おばちゃんがおこしてくれた炭がユックリと燃えている火鉢が置いてある。

共演する諸岡君とは、3年ぶりぐらいなのかな?
何か久々な感じはしなかったけど。
今回は、リアルタイムで音に反応して変化する映像システムを使用して、僕の尺八の音と面白いシンクロをしていた。
触感があるのにバーチャルな、不思議な次元の映像。

そういえば、ライブには、沖縄からskypeで参加する人がいて、ライブ全体はu stream配信するとのこと。諸岡君と僕は、dropboxで映像や音源データのやりとりをしている。
しかも、上記に挙げたソフトは、全て無料でダウンロードできる。
こういうことが、身近に出来る時代になってきたという、時の移り変わりを思う。


僕は相変わらずの超アナログな表現しか出来ないが、色んな変化を感じ取りながら、吹いていきたいと思う。

by ryosai160 | 2011-12-20 23:59 | diary
2011年 12月 18日

年末

f0065630_21173418.jpg
f0065630_21174569.jpg
f0065630_21175622.jpg
f0065630_21181652.jpg
f0065630_21182966.jpg
f0065630_21184163.jpg
f0065630_21185138.jpg


by ryosai160 | 2011-12-18 23:59 | diary