萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 28日

秋から冬へ

f0065630_22112494.jpg

寄せては還す波。

by ryosai160 | 2010-11-28 22:44 | diary
2010年 11月 23日

晩秋の糸島

f0065630_20111370.jpg
f0065630_20112027.jpg
f0065630_20112696.jpg
f0065630_20113228.jpg
f0065630_20113929.jpg
f0065630_20114430.jpg
f0065630_20115015.jpg
f0065630_20115650.jpg
f0065630_2012216.jpg


by ryosai160 | 2010-11-23 20:12 | diary
2010年 11月 09日

ダンス+ジャンベ+尺八

年も押し迫った来月(早っ!!)12・29に、警固四つ角はspace terraにて、『肉体の劇場』が開催されます。
舞踏家の原田伸雄氏が主催しておられる、肉体表現系のマンスリーイヴェントです。

そこに、大内田早穂(ダンス)とまつおだいすけ(ジャンベfrom劇団アフリカetc.)(以上敬称略)と共に出演することになりました。

ので、当然、リハということで・・・・
f0065630_2185372.jpg
f0065630_219194.jpg
f0065630_2191039.jpg

今回は初顔合わせなので、マクロな構成を大体決める、という感じ。
結構スンナリ決まりました(笑)。
ミクロな詰めはこれからというところ。

機材は、去年の今頃購入して中々出番の無かったROLAND VE-20KORG KP3にしようとおもいます。両方、赤と黒が基調のエフェクターですね。偶然ですけど。
f0065630_21121635.jpg

これに、愛用してるカオシレーターが加わる予定です。僕にとっては、エレクトリック・サイバー・親指ピアノといった感じの「楽器」ですね。

録画物を元に、ただいま、部屋や電車の中や喫茶店にてアイデアを纏め中。
この作業が楽しいですね。
自分の中の「作家性」が顔を出す。もともとミュージシャン志望ではないので、なんか落ち着く感じがします(笑)。
CARL STONEなんかを参考にしてみようかナ・・・


イヴェントの詳細は、また載せます。
年末のひとときに如何ですか?

by ryosai160 | 2010-11-09 21:20 | diary
2010年 11月 03日

「ロック無韓流」in小倉

先週末、韓国で活躍するギタリスト・長谷川陽平氏のトークイヴェント「ロック無韓流」に行った。
小倉のギャラリーソープという、僕も何度もライブでお世話になったスペースで、韓国ロックの今昔を、長谷川氏セレクトの音源を聴きながら堪能するという、僕にとっては至福の時間になった。
f0065630_11301723.jpg

中でも、我が永遠の師 キム・デファン先生が独自のパーカッションセットでフリーミュージックを始める以前の職業ドラマーであった頃のロックバンド・キムトリオの演奏には感動した。ギンギンにサイケ。ギターはかのチョー・ヨンピル。(彼はキム先生の元で音楽修行したらしく、韓国ではロックスターとのこと)
そして、僕の歌姫 キム・ジョンミの声にはやはり、吸い込まれるものを感じた。名盤"Now"から、「春」を聴く。大きなスピーカーで聴くと、また、格別のものがある。

その他、60年代から90年代、そして現在の韓国ロックの音を色々と聴かせて頂いた。
聴いていて思ったのは、昔のバンドの方が、芯がシッカリしててソリッドであるということ。
録音技術云々ではなくて、表現したいものがビンビンに伝わってくるのが、最近のになると、確かにいろんな面で洗練されててカッコいいけど、ベースラインと音色ひとつにしてもコシが無い気がした。
曖昧、ということか。それは翻って、お前はどうなんだ、ってことなんだけど・・・
長谷川氏は、その辺は、「楽しむ」ことに徹して、今の韓国ロックシーンの真っ只中に生きておられる感じがした。笑顔を絶やさない物腰の柔らかさで、色んなバンドのギタリストとして活躍中・・・ロックの快楽、ということなんだろうか。自分の中の良く分からないコダワリがとても小さなものに思えてきた。

長谷川氏が参加されていたサヌリム(ドラマーが一昨年急逝したので解散状態になっているみたい)は、デヴュー曲の「アニボルソ」しか掛かってなかったので、もうちょっと聴きたかったが・・・電車の時間の関係もあり途中で中座したので、その後に掛かっていたのかも。
氏が、サヌリムのリーダー キム・チャンワンの曲の作り方を、コラージュだと言ってたのには納得するものがある。 何時聴いても、何か、新しいものがあるから。ヘンな「主体」が無いから何時までも古びないのだろう。そして、たとえばソニックユースとかを全然知らずに、おんなじテイストの曲を作る才能について言及していた。
ま、でもそれは、情報が氾濫しすぎてコピーが当たり前の日本の音楽文化からしたら不思議だけど、音楽そのものという観点から見たら当然といえると思う。(キム先生も、あの、唯一無二の打楽器スタイルを独力で完成させたのだから)
殆ど外の情報を知らずに、自己発展していく表現の力を感じ、やはり、そこに魅了されるものがある。軍事政権下で文化統制があり文化としてのパンクロックが全く外から入ってこなかったという韓国で、自発的に「サヌリム」というパンクが生まれて育ったのだ。
天才は何処にいてもどんな状況にあっても必ず花開くものだ、と思う。

f0065630_12551850.jpg

ADD4という、キム先生もメンバーの、韓国初のグループサウンズのリマスターCDが物販コーナーにあったのでソク買い。(ギターはシン・ジュンヒョン) これは、10数年前から欲しかったものなので、感無量。

by ryosai160 | 2010-11-03 11:45 | diary