萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 22日

巨星・・・・去る

今さっき、たまたま知ったのだったが・・・・昨日、尺八奏者の横山勝也さんが亡くなったとのこと。
「国際尺八研修館」のHPに、告別式など詳細が載っています。

武満徹の「ノヴェンバー・ステップス」の尺八ソリストとして世界的に有名になった方で、僕も、尺八を吹き始めた学生時代、この方の著書『尺八楽の魅力』を愛読していました。
プロデヴューがかなり遅く、色々苦労もされたみたいです。
僕は、学生時代に、倉敷での演奏会と、美星町での「国際尺八フェスティバル」、そして、岡山のシンフォニーホールでのオーケストラの共演でその生演奏に触れました。
「ノヴェンバー・ステップス」もそうですが、たった一人でオーケストラの音を包み込む如くその演奏・音にスケールの大きさを感じ、これぞ男の世界!と改めて尺八にのめり込むようになっていきました。
その後は病気のせいもあって尺八演奏からは遠ざかっておられたようです。なので、学生時代に聴いた演奏が、横山氏の最後ら辺頃の演奏になるのかもしれません。

そういえば、「国際尺八フェス」の時、コンサートで並ぶ長蛇の列の最後尾付近にいた僕の近くに、Tシャツを着てスクーターに乗った恰幅の良いおじさんがやってきました。
「おお、こんなに来てくれたのか・・・・本当に有難いねぇ!!頑張らなくちゃね」
と言い残して去っていきました。
良く見ると、それが、横山氏でした。
Tシャツのおじさんは、ステージでは着物に正座で「霊慕」を吹かれました。
凄く神秘的な気迫のある名演でした。

月並みな言葉ですが・・・・ご冥福を祈ります。

by ryosai160 | 2010-04-22 23:22 | diary
2010年 04月 18日

『DANCE WINDOWS~ダンスの扉をひらいて~』を見る

コンテンポラリーダンス界の鬼才、中村しんじがナビゲートする!
と書いてあるパンフ。
f0065630_14371571.jpg

僕はダンスに暗いので中村氏については詳しくないだのが、会場の博多市民センターホールのステージで、司会進行に、ダンサーの指揮に八面六臂の活躍。ただ者ではない存在感があった。
新しいダンスのメソッドを色々と開発されているらしく、水の入ったペットボトルを使ったダンス・言葉遊びを組み合わせたダンス(これは、John Zornの集団即興のメソッドCobraを髣髴とさせるものだった)・コンタクトインプロビゼイション用(と思ったが)の独自の用具を使用したダンスと、バラエティーの富んだものだった。

一貫して流れているのは、既成の様々なダンスのメソッドによってガチガチになりがちな踊る身体を、別のメソッドで優しく解き放つ、ということ。
「いままでのこと」を生き生きとさせながら、「新しいこと」にも眼を開くこと。
そんな風に僕は感じた。

既成の様々なダンスのメソッド、と書いたが、出演者は、福岡の様々なダンス教室の主催者とその生徒さん。バレエ・モダンダンスが主で、年齢層も様々。
最後に、ブルーハーツの「情熱の薔薇」に乗って、50人のダンサーが踊りまくるステージが圧巻だった!!

そして、合間に、2つの福岡のダンススタジオによる作品。

先ずは、藤野千景バレエスタジオによるバレエ作品の公演。
バレエをステージで見るのは多分、初めて。
優雅な動き。
その優雅さは、スイスイと水面を泳いでいる水鳥が実は水面下では必死に足を動かしていることを思わせるものだった。
だからこそ、とても美しかった。

その後の、松本直樹氏とその門下生による「松本ダンスコレクション2009」は、茶目っ気のある映像(見慣れた糸島の海の風景もふんだんに映っていて嬉しかった)とシャープなダンスを様々に組み合わせた見ごたえのあるものだった。
こちらには、終演後松本氏が門下生の方にステージ上でプロポーズというサプライズがあったのだが、会場が一気に沸いた。これ、結構、持っていきましたネ・・・・

by ryosai160 | 2010-04-18 14:51 | diary
2010年 04月 11日

|uniq"est|活動停止、となりました。

こないだ、メンバーで話し合って、タイトルのとおりと相成りました。
HPも休止することになりました。

実質、ここ1年ぐらい色々とゴタゴタがあったりして(詳細は省きます)ステディな活動をしていなかったのもあり、メンバー同士の波長も微妙にかみ合わなくなってきたのは否めません。
ま、バンドは個性と個性を結びつける勢いが大事なので(マッタリ系はこの限りではないと思うけど)、どこかで勢いが無くなったらこうなっちゃいます。
それ自体は、僕は今までの活動の中で何度も体験しているのでいまさらどうこう言うツモリもないけど、このバンドで僕が試したかったことは殆どオールやれたので、僕自身は後悔はありません。
大体、どの演奏においても、その時その時、全力投球直線勝負なのでそれができたかできてないかでしか判断が出来ないし。その意味では、常に真剣勝負・気合を入れて演奏に臨むことが出来ました。

それに加えて、尺八の音(楽)のよさを保ちつつ、限界まで電子化=異化する・・・・という僕自身が20代の後半よりずっと試行錯誤してきた行為は、このバンドで一定の成果を出せました。その結果をCDに出来ました。思ったよりも反響がありました。
バンドという固定した要素の中で、安定した実験が繰り返し出来てその結果が出せる・・・・実験はライブという場で実践できる・・・・実践の結果を次の実験にフィードバックできる・・・そういう純粋な音の深化に時間を費やせたのは得がたい体験でした。

一緒に時間と空間を共有してくれたバンドの皆、応援・サポートしてくれた方々、演奏する場を提供いただいたライブハウス等の関係者の方々に感謝しています。
また、再会することもあるかと思います。

by ryosai160 | 2010-04-11 22:36 | diary
2010年 04月 11日

尺八の音・電子の音

f0065630_0223180.jpg

俄かにライブが増えてきたので、アイデア整理の為に小さいスケッチブックに色々と書き込む。
最近思っているのは、「尺八の音で電子音のようなカンジに出来ないか」ということ。
エフェクターを使って、尺八の音に電気処理を加えて様々な音を生み出すのはこれまで散々試してきたが、たとえば海童道祖のように、「電子的宇宙との交歓・交感の末に発せられた竹の音」というような、尺八そのものの音で・・・・
とかナンとか考えてて、昨日インド映画を見てたら、音楽に使われているバンスリ(インドの横笛)の音が、あたかも電子音のような波を描いて音の周波数帯を滑らかに上下するのが聴き取れた。これだ!と思って、映画を見終わった後、喫茶店で、丁度持っていたヨシダダイキチ氏の『シタールのほん』を読む。
音階とかメロディを基調にしつつ、僕の思いが実現できそうな気がしてきた。
あとは、使う音を設定して、色々実験してみようと思う。
新しい世界を垣間見て広げよう。

参考音源

Karlheinz Stockhausen/Stimmung
Paul Hillier conducting Theatre of Voices (Harmonia Mundi)

シュトックハウゼン御大の、声による作品集。
世界各地の声の音楽(ホーミー、ケチャ、ヨーデルなどなど)や電子音を思わせる世界を声のアンサンブルで表現している。

by ryosai160 | 2010-04-11 00:34 | thought/idea
2010年 04月 11日

【ライブ情報】 2010.5

今年度から、ライブ情報はここでお知らせすることにしました。
去年まではHPのライブ情報にてお知らせしていましたが、簡便性と迅速性の観点から、そちらは止めました。(勿論HP自体は存在していますヨ!!)丁度10年経って区切りが良かったのもあるし。
HPのライブ情報はアーカイブとしてご利用ください。

では、その1回目を。


5/1(土)エレクトロニカ~マロンチック・ナイト~
     場所:OTIS!(広島市中区加古町)
     開演:pm7:30~ 
     料金:前売1800円、当日2000円(1ドリンク付)
     出演:マロン aka dubmarronics、サーカスサンズ、skip club orchestra、ガレ、
     ウパシクマ

広島における僕の活動拠点とも言えるOTIS!にて、マスター佐伯さんのバンド「ウパシクマ」に参加します。去年夏の大阪での参加以来なので一年ぶり。楽しみです!ギターと数々のエフェクターを駆使する京都の自由音楽人マロンさんとの久々の再会も。

     
5/2 (日)八十八夜の流れ星ライブ     
     場所:パサール満月海岸内 ドラゴン座(島根県浜田市三隅町)
     開演:pm7:00~
     料金:1500円(おまけつき)
     出演:マロン aka dubmarronics、ウパシクマ

島根でのライブは初めてです。海の近くの場所なので、山陰の春の海を楽しみたいと思います。

      
5/8(土)新緑の音景色
     場所:はいから倶楽部(福岡市早良区)
     開演:pm7:00~
     料金:前売1500円、当日2000円(要オーダー)
     出演:川原一紗(うた・ピアノ)&藤川潤司(カリンバ・ジャンベなど)との共演

素晴らしい声の歌い手、一紗さんとの4年ぶりぐらいのライブ。彼女のパートナー・潤ちゃんとの相性も凄くイイ。そこに混ぜてもらいます。彼女がダライ・ラマに捧げた「慈しみの微笑み」を演奏すると思います。この曲は大好きなので楽しみです。

by ryosai160 | 2010-04-11 00:05 | performance/live
2010年 04月 10日

コーヒーインタイム

f0065630_2214720.jpg
f0065630_222049.jpg
f0065630_2221577.jpg

f0065630_22112872.jpg
f0065630_2222454.jpg


打ち合わせ・読書・仕事後の一区切り・アイデアの纏め作業・・・・etcetc
なんだかんだで、結局、コーヒーを飲みにお店に入ることが多い。
で、ついでに、お菓子も頼んでしまう・・・・ww
僕が日常的に愛用しているいくつかのお店を紹介しよう。

1番目 ベ〇ーチェ(コーヒーではなくて気に入っている抹茶ラテ。ここのコーヒーはイマイチだが、抹茶ラテは量も味も大満足。クッキーは美味しい。コーヒーに良く合う。)

2番目 タリーズ(天神北のお店は、窓際に座れて外の景色を眺められるのがイイ。コーヒーは普通だが香りはいい。シュークリームは皮がパリッとして美味しい。)

3番目 庵道珈琲店(西新で良く行くお店。コーヒーチケットも持っている。チーズケーキセットで530円は安いと思う。味は普通に美味しい。普通のコーヒーを頼んでも冷やしたホイップクリームが付いてくる。これは福岡市内独特の習慣らしい。)

4番目 Jカフェ(多分広島発祥だと思うけど福岡市内にも結構ある和風カフェ。西新店は大きな鎌倉大仏のレプリカが奥に鎮座している。照明暗めのお店の雰囲気は抜群にイイ。写真には写っていないがコーヒーは苦味の利いたイタリアンで美味しい。写真ははちみつバタークレープ。シンプルで美味いので大抵頼んでいる。)

番外編 自宅(母の淹れてくれたコーヒーと姉のお手製のケーキ。豆はミルで挽く。両方とても美味しい。カップは、韓国のキム・デファン博物館で購入したキム先生の書がプリントされたもの。「アリラン」と書いてある。)

by ryosai160 | 2010-04-10 22:15 | diary
2010年 04月 03日

海辺の叙景

f0065630_220154.jpg
f0065630_220912.jpg

糸島の海にて。

by ryosai160 | 2010-04-03 23:59