萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

日々、アヒル君のように

日々は刻々と過ぎてゆく。
あっという間に年末を迎えた。

f0065630_20393558.jpg
f0065630_20394523.jpg


自宅の近所の小川に住んでいるアヒル君を毎日眺め、彼(女)の淡々たる人生、いや、アヒル生にいたく共感を覚える。
鴨の群れに混じった異邦人というか異邦アヒルであるが、それなりに楽しく過ごしているのだろう。たまに、鴨と一緒にグワグワっと鳴いている。

来年もまた、日々、淡々と過ごして生きたい。

by ryosai160 | 2009-12-31 20:41
2009年 12月 30日

今年のCD・ベスト10+

今年聴いた色んなCDの中から、印象に残ったのを。

①海童道祖「無装飾無調音」
タイトルが意味することは、「日常の森羅万象一切」ということ。
法竹(尺八やそれに類する笛を海童道祖はこう呼んでいるようだ)を吹定することによって、竹の音そのものが、「無装飾無調音」の境地に至る・・・ということみたい。
「すき焼きの煮える音と法竹を吹定する音には全く違いが無い」と、道祖はかのジョン・ケージに語っておられたが、そういうことなのか。
ともあれ、色んな趣向の笛のソロが楽しめる。中近東風の節回しが出てきたりして、面白い。
その他、以前書いたことはコチラ

②佐井好子「タクラマカン」
松田優作もファンであったという伝説のシンガーソングライターが30年ぶりに製作したCD。
30年という長い歳月も軽々とワープする歌声と詞のチカラと揺るぎないオーラを感じた。
JOJO広重プロデュース。良い仕事ですね。
山本精一が職人技爆発の素晴らしいギターを弾いている。

③Brian Eno"music for films"
napstarのファイルで購入。
良い意味で普遍的な風景のイメージ。
音楽に最初から色がついていないので、聴く人が色を加えていく、そんな音楽。
"inland sea"は究極のミステリアス・ペンタトニック・アンビエント。こんなのやってみたい。

④サヌリム「13集」
ジャケットが中途半端な前衛アートみたいだけど、中身はギンギンにロックしている。
世界で一番好きなロックバンド!!
早く日本ツアーしてください。

⑤高橋悠治「フーガの<電子>技法」
ドライなユーモア感覚と、構造を浮かび上がらせる音色のアレンジにヤラれた。
今年一番聴いているCDかも。

⑥諸井誠の世界
LP音源のCD化。2枚組で、それぞれ、ピアノ・尺八を中心として編集されている。
両方面白いけど、中でも、「尺八と弦楽合奏、打楽器の為の協奏三章」は、私淑する酒井竹保師の鬼気迫る演奏が素晴らしい。いい音質で聴けるのが嬉しい。ちなみに、この曲は、個人的には、かの「ノヴェンバー・ステップス」を超えた尺八と現代音楽の融合の成果であると認識している。虚無僧尺八音楽から無調音楽、ライブ・エレクトロニクスはたまたジャズまで疾走する酒井師の音は、これからも僕の指針となると思う。

⑦佐藤行衛 1st solo album
以前書いた記事を読んでください。今でも勿論、折に触れて聴いている。音楽で生きる、ということを思う。

⑧AYUO「絵の中の姿」
高橋悠治の子息の作品集。悠治氏もピアノで参加している。
ジャケットが凝っている。CDで買う価値あり、の1枚。
中身は、AYUO氏独特のネオ・トラッドという、主にヨーロッパ・中近東あたりの弾き語りを中心にした民族音楽に、ロックや現代音楽のフレイバーを加えたような、聴きやすいけど中々クセのある感じ。
中原中也の詩を美しく音楽に昇華しているのがイイ。

⑨DO!THE INDEPENDENCE
以前書いた記事はコチラ
自分の参加したものなので、些か戸惑ったが、スゴイ企画盤なので。

⑩クセナキス「星座」
以前書いた記事はコチラ
中村さんお元気かな・・・・・


あと、CDそのものではないが・・・・
最近ヤラれた曲と言えば、コーネリアスがYMOの名曲をカヴァーした"CUE"。
彼の音楽には、同世代的共感を覚えることがしばしば。同い年だし。
チクショーという気持ちも少々覚えつつw、等身大の80年代のサウンドに心から共感。
ニューウェーヴという雑多さを洗練した雑多さの洗練には僕も大いなる影響を受けた。
楽器がウマいこと/ヘボいアイデアをソク実行すること/どんな表現とも上手く距離をとること/没個性に徹しながらオンリーワンであること/全ての音は電子的世界の産物であることを認識すること/退屈な日常の延長上に表現があること
・・・・等々。
そんな「ストリートの思想」が、1曲の中に過不足無く存在している。
しかも、打ち込みを基本にしているけど、ストリングスが隠し味に入っているのが分かる。多分、お金を掛けてナマ録りしているんだろうな。そういうさりげないセンスもニクい。
やっぱり、チクショーww

by ryosai160 | 2009-12-30 15:40
2009年 12月 23日

STRUCTURE

f0065630_2241317.jpg
f0065630_22414285.jpg
f0065630_22415197.jpg


構造物にたまらなく美を感じる時。

by ryosai160 | 2009-12-23 22:42
2009年 12月 19日

6日 黒木麗巳+RYOSAI at中洲

博多の歓楽街・中洲のとあるお店で、ピアニストの黒木麗巳さんと共演させていただきました。
彼女とは去年の夏以来、1年半ぶり位になるのかな?
今回はお店の年末企画ライブに呼んでいただきました。
ちなみに、黒木さんはこのお店のハウスピアニストです。
如何にも中洲らしい、洒落たお店でした。
f0065630_22261487.jpg

お店の営業の中で、20分ずつ3ステージという構成。
色んな曲を演奏しました。
鈴懸の径(すずかけのみち)/Round midnight/Take 5/黒の舟唄/Spain/いそしぎのテーマ/我が心のジョージア/イパネマの娘/荒城の月・・・・そして、シメにズンドコ節。
好きな曲ばっかりなので、楽しんで吹きまくりました。(黒の舟唄は、時として我が人生を振り返る時、心の中に何時も蘇る僕の心の歌。そして、いそしぎのテーマは、夏、フランクフルトのカフェで寛いでいたらクラリネットとアコーディオンの2人組ストリートミュージシャンがやってきて演奏した我が「夏の思い出」です)
Spainは黒木さんがいつも演奏しているみたいなので、尺八では難しいかなと思いつつ、頑張って練習してレパートリーにしました。やってみたら、難しさよりも楽しさが勝っている、やはり名曲!!でした。
f0065630_22262886.jpg

黒木さんのピアノは、情熱的で端正でひたむきで・・・・ジャズをはじめてまだ3年らしいのですが、ここまで弾きこなせるのは、やはり、才能としか言いようがないものを感じます。
ピアノを弾くことを根っから楽しんで没頭しているのが伝わってくるので、僕も自然とアツくなる事ができました。
まだ若い方なので、これからの成長と活躍が凄く楽しみです。
f0065630_22264313.jpg

お客さんが熱心に聴いてくださって、「いいねぇ~~~楽しいねぇ~~~有難う!」と言ってくださったのが嬉しかった。
僕だって、お客として聴きに行くライブでそう言いたい。
行くからには、楽しんで帰りたい、そう思います。
逆もまた真なり。

サックスでもフルートでもなく、尺八なんだけど、尺八を超えて、SOULを感じた・・・・
技術が凄くあるけれども、心にジカにくる音色だった・・・・
というお言葉を頂きました。過分ではあるけれども。

ライブの前までは、どんな風に演奏するか?なんて柄にもなく考えてて。
僕の中のジャズのイメージで行くのか、もうちょっと別のものも・・・・うーーん、別のもの、ってナンなんだ??と色々と考えていくと、僕の中の、「分けることも比べることも出来ない未分化にして生き生きとしている音の精神の核」とでも言うべきものがボンヤリと見えてきて、それを頼りにするしかないと思ったりもした。
結局、ずっとそうだったような気がする。カタチ、っていうヤツに本質的になじめないので。
それでよかったのだ。

伝わるものがあったので、とても良かった。
そして、黒木さんが、1年以上も前に1回共演したきりの僕を覚えてくれて、お店の大事なイヴェントに呼んでくれたのに、素晴らしい縁を感じて嬉しかった。
雪が降りそうに寒かったけど、心は暖かだった。
f0065630_2235202.jpg

深夜、ネオンきらめく中洲を後にして、海のそばの自宅へ帰る。
そのギャップに、ちょっと可笑しなものがあった。

中洲には中々来る機会がないけれども、来月も、演奏することになりました。
今度はパーカッションの方も参加するそうです。

by ryosai160 | 2009-12-19 22:35
2009年 12月 04日

石仏~初冬

f0065630_23192542.jpg
f0065630_2319484.jpg
f0065630_23201753.jpg
f0065630_2320375.jpg
f0065630_2321044.jpg
f0065630_23211452.jpg
f0065630_23213243.jpg
f0065630_23214916.jpg
f0065630_2322733.jpg
f0065630_23222380.jpg
f0065630_23223763.jpg


by ryosai160 | 2009-12-04 23:23