萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 28日

28日 津軽三味線と尺八 at 小倉チャチャタウン

今回で3回目となる、チャチャタウンでのライブだが、新春ではなくて、春先になった。
今年はお呼びは無いのかナ・・・と思ってただけに、嬉しいもんだ。
イイ天気で暖かい。春の息吹を感じる。
相方・大石氏の車で小倉に向かう。気楽な男二人旅。高速を使って1時間ぐらいで到着。
f0065630_15330100.jpg

宣伝板を見たら、僕たちの名前は無かった・・・が、反って好都合かも。影武者っぽいww
控え室が所定の時間にしか開かないので、珈琲を飲んだり、ナガタで石釜パンを買ったりして時間をつぶす。
とかしつつも、・・・ハッキリ言って気が重い。所謂「ハコ」のお客さんではない、不特定のお客さんに向かって演奏するのは、僕は慣れないのもあって、珈琲を飲みながら些か憂鬱になる。大石氏は、昔、中洲でのストリート演奏をずっとしていたので、慣れたもんだけど。
とはいっても、着物に着替えて、演奏が始まると楽しいもんなんだけど。
f0065630_158998.jpg

この写真は、演奏が全て終わって、ホッとしていると、知らないおじさんが近寄ってきて、下さったもの。
(チャチャタウンは西鉄の施設なので、後ろにnimocaの広告がたくさんぶら下げてあるのがタイムリーである。)
デジカメで撮影して、近くのプリント機で急いでプリントして持ってきてくださったのだろう(なので、上の画像は元の紙焼きの写真をスキャンニングしている)。 かなりビックリしたが、ご好意が嬉しかった。
僕たち用とは別にご自分用もあって、そっちにサインを頼まれたので、拙いながらもさせてもらった。 名刺を渡そうとすると、おじさんはサッと帰った。お名前も聞かずじまい。


演奏はというと、今回は、中野みち子さんの歌とやってた「津軽甚句(ドダレバチ、津軽弁ではドンダレバチャ)」を、掛け声も入れてアレンジしなおして舞台に掛けることに。 最後にやったが、なかなか楽しかった。
他は、何時ものナンバー(津軽民謡とかベンチャーズとかジュピター等)であるが、アレンジものも、原曲に拘らずにこなれてきた感がある。大石氏の、三味線でやる必然性のある曲、というポリシーの元にやっているので、民謡と並べてもとってつけた感は無いように思う。
大石氏のソロが会場に響き渡るのも心地よかった。中野さんとの出会いで、更に研究を深めているので、音のネバリやコシがまた一段と深くなってきた。素晴らしいですナ・・・
僕は、なぜか、リコーダーの巨匠・フランス・ブリュッヘンの吹き姿が脳裏に浮かんできたので、恐れ多くも自分がブリュッヘンだと思うことにしたww花粉症もあり、かなり集中力がやばかったが、気合で乗り切る。とは言っても、ミスも結構多かったのは反省材料である。
大石氏が「古い楽器に新しい曲を」という意味のMCをしていたが、こないだ読んだ週刊誌でフランスのとある名シェフが、「日本の料理人は、古い器に新しい食材を盛るのが得意で素晴らしい」と言っていたのを思い出した。和楽器で洋楽のカヴァーなどを演奏するのも、日本人的な感性なのか?

ともあれ、今回も好評のうちに終わった・・・・らしい。
ステージと客席の距離が遠いので、ダイレクトな反応はあんまりよく分からないが。
よかったよかった。

チャチャタウンでの演奏は、何時も「修行」だ。
知らない人だらけ・演奏に関心のない買い物客・気が散りやすい色んな騒音・・・・
胃が痛くなる思い。(苦笑)
「修行」を「チャンス」に変えたいとは思っているが。
でもそれは、「他者」に出会うよいチャンスでもある。「身内」に適当に褒められて・・・を繰り返していると、ピリッとしたものが失われるように思う。
こういう場所で、足を止めて聴いてくださる人が少なからずいらっしゃる、ということに、勇気を得よう。

何時ものように、香椎で打ち上げ。反省することは何も無いッ!w
f0065630_1527437.jpg


by ryosai160 | 2009-02-28 23:59
2009年 02月 23日

22日 歌舞音曲スペクタクルショウ2009 at FUSE(小倉)

f0065630_20474166.jpg

毎年年明け恒例のこの行事。
毎年恒例でメンバーも高齢になってきている気が・・・・笑。
僕もこのイヴェントが始まった時から12回目になるのかな。
タイトルどおりの、音楽を演奏するだけではなくて、その場自体が、世界劇場のような体験の場である、シンドいけど楽しいイヴェント。花粉症でやっぱり、キツかったが(苦笑)。台詞をトチる役者のように、フレーズをトチるミュージシャンも散見されるけど(僕のことか・・笑)、それも、劇場の中の1シーンなり。何時までも固まりようのない独特の熱くてアホでヒップなノリの音楽は、いろんな意味で「やっぱり」な音楽である。
「やっぱり」ソレかい!
とか
「やっぱり」いいねぇ~~
とか。
f0065630_2203362.jpg


今年のメンバー
ヴァイオリン・音頭とり:谷本仰
サックス:佐野哲也、西田弘道
トランペット:築城勝彦
トロンボーン:倉田健一
フルート:坂口雅仁
尺八:森川良哉、山崎箜山
ギター:宮野章、原田敏夫
ベース:フクヤマワタル
ヴォーカル:やまだゆか、野口ジュン
歌:ミステリアス・ケイト
ジャンベ:アジ
パーカッション:加藤正文
ドラムス:白川和宏、檜皮勇介
口上他:山田ツトム
舞踏:万華鏡樹里
ダンス他:単独旅行舎


ずっと顔を合わせている人、腐れ縁の人(笑)、初めましての人、久しぶりの人、と色々。

腐れ縁はこの人(笑)。単独旅行舎のオオツキ君。広島時代からの付き合い。しぶといヤツだ・・・人のことは言えんか・・・(苦笑)。
f0065630_20555059.jpg


サックスの中村勇治さんは事情で出演できなくなった。
1週間前の遠賀町でのリハーサルの帰りに、車に乗せてもらって送って頂きつつ、色々と、即興とかフリージャズとかの話をした時は、共に本番に向けて気持ちが盛り上がっていたが・・・・何が起こるか分からないな、と痛感する。
本番のときも、居るべき人が居ないと言う寂しい気持ちではあったが、彼の分も吹こう、と思うことしかできなかった。

それでも、本番はあっという間の2時間であった。
久しぶりに、私淑する山崎箜山さんとご一緒できて大変嬉しかった。
こういうライブイヴェントでは珍しく、箜山さんのソロも別コーナーで堪能できた。
本流のビシッとした尺八の演奏を、並み居る老若男女がしーんとして聴き入る・・・同じ尺八吹きにとって、胸が熱くなる光景である。
f0065630_20575259.jpg

そして、呆けすとらで共演もさせていただいた。

しかし、非常に対照的な出で立ちと芸風の2人であったと思う。
都山流の本流を行かれつつ、全国津々浦々で吉田兄弟等メジャーな方たちとの共演体験豊富な(5孔)尺八奏者は、作務衣と雪駄という和の衣装を身にまとい、悠然とした構えで竹の音を奏でる・・・・
方や、無手勝流の(7孔)尺八吹きは、足元にオリジナル(我流)配線のエフェクターを並べて、赤い服と黒ズボンで、機械によって奇怪に変調された元・尺八の音を身をくねらせつつ発する・・・・
強引に言ってみれば、クラシックヴァイオリンのメニューインと即興エレクトリックヴァイオリンのジョン・ローズが一緒のステージに立っているようなものか??・・・・ってこういう比喩、音頭とりの谷本さんにしか分からないか(笑)。
でも、楽屋では、やっぱり、尺八談義に花が咲いて楽しかったけどね。芸風は違っても、尺八という楽器(楽しい器)をこよなく愛する人間同士の時間が持てて、とても生きる力になった。
ホントにマイナーで排他的な尺八の世界に、しかも、地元にこういうオープンマインドな名手がいらっしゃることが、ラッキーとしか言いようが無い。

こういう出会いの場・音で生きる場・生きることと音が繋がっている場・・・を提供し続けてくれる谷本さんの無尽蔵の気持ちに報いるためにも、今出来ること・僕の体験した音の世界を惜しみなく曝け出す事・・・は、精一杯やったとは思うけど。
それが自己満足でなくて、客席一杯のお客さんの中に、僕のようなマイナーな暗がりの気持ちを持っている人間が1人でもいて、その人の心に届いてたら、言うこと無いんだけど。

出会いと構造、ヒトと空間の中で音というのは発せられるものだから。

今年で12回目・・・・僕は今年、40歳になるのだが、思えば、30代の自分で言うのもなんだけど多彩な音楽生活の中に、何時も、呆けすとらが在った。
大人数でユニゾンで音を出し、お互いのソロで刺激をしあい、というような音楽の原点のようなサウンドの中でずっと演奏できたことは、振り返ってみて幸せだったと思う。
いろんなヒトとの出会いもあった。
去る人来る人、変わらない人。
10年余り・・・なんてあっという間で、その間には、尺八のみならず、音楽を続けることが出来ないかも・・・という危機が何回もあった。
でも、やってるんだナ。
まあ、日陰者の尺八吹きが細々と活動することなんて、別に難しいことではないが、とも思うけど。変な気負いさえなければ、ナンだってできるし。

変わったこと。呆けすとらに参加したてのころはカセットテープに録音していたのに、今は、SDカードにHDRで録音してPCにファイルを保存。 途中、DATやMDも使っていたな。今は、メディアを用意する手間もメディア切れの心配もが無くなった(SDカードは1枚でmp3なら延々と録音できるし)。
時代も変わった。

でも、やっぱり、僕は、変わらないものを追い求めていこうと思う。

by ryosai160 | 2009-02-23 20:53
2009年 02月 15日

<現在只今>

f0065630_22114820.jpg
f0065630_221237.jpg


という言葉を昨日フト買った本の中に発見して、その言葉が気になり続けている。
その本は、高校生のころに買ったのを文庫本で出ているので買いなおしたのだったが、今なら分かるかも・・・と思って読んでみたけどヤッパリ分からない。昔より頭は悪くなっているかも。
歳をとって、経験が深くなり認識がそれだけ円熟しつつある
とは言えない。
宙ぶらりんで投げ出された感覚が時々あるのだが、これは気のせいか。

こんな狭小な田舎の駅に、何で引込み線があるのか。
錆付いたレールの上を風が吹いてく
って歌があった。確か。

昨日夢中になって読んでいた漫画の中に、宇宙の中に孤立しているある親子連れが山間の宿で寝床を並べて虚無僧の尺八の音を聴くシーンがあった。
泣きたいほど美しいシーンであった。

by ryosai160 | 2009-02-15 22:22
2009年 02月 06日

孤独力、へぇえ~

たまに駅売りのビジネス雑誌を読むが、大体は、仕事や作業の便利ツール(物理的・メンタル的両方)探しのため。
アートとか表現とか演奏とか、そういった行為も、僕の人生を豊かにする作業の一環なので、効率よくやって行きたい、という考えはある。ビジネスマンでも売れっ子アーティストでもないが。

で、「孤独力」という言葉があるのを、初めて知った。
孤独学、という学問もあるそうな。
多分社会学や文化人類学の一種なんだろうが。
本も出ているらしい。
提唱されている方のインタヴューはネットで読める。
その主張を読むにつけ、ハッキリ言って、僕が常日頃自分で思っていることや考えていることや実行していることが書いてあるに過ぎないので、特に、発見は無かった。
こういうことは、個人的に発見して実行すべきことだろうと思う。
こういうことまで、本というか、マニュアル化されてしまうのが、ちょっと恐ろしい。

僕は、私生活で色々と困難のあった数年前に、古本屋でフト手に取った「気疲れしない生き方」という本を読んで、眼を見開かせられて、それ以来、ワザと積極的に人に交わらない生き方を志向してきた。この本は、今は、絶版みたいだけど、具体的にスグ出来ることが書いてあるので、非常にためになる。

by ryosai160 | 2009-02-06 23:28
2009年 02月 04日

「る・てん・」に至るエトセトラ

12・20
広島在住のダンサー・玖島雅子さんから、「2・1にある『福岡フリンジダンスフェス』のオーディションに合格したので、ついては、共演を・・」というお電話が。そのときの様子はコチラ
彼女とは、去年春の広島現代美術館にて共演。というか、そのときの「おどり~る」というイヴェントを企画されていた。ダンスも、何か印象に残る独特な感じで、面白いナと思ったので、二つ返事でOKさせていただく。
その興奮のまま帰宅して、早速、アイデアを愛用のラスタ落書き帳に描く。あくまで直感であるが、それが一番大事。
尺八のフレーズの基ネタを、虚無僧尺八の曲である「本手調子」にする。簡潔に無駄なくフレーズがまとまっていて、様々に変調するにはもってこいである。

12・22
前から気になっていた、ZEN creativeというプレイヤーを買った。
f0065630_2230360.jpg

メモリー16Gで、SDが増設できる。
で、動画が見れる。 画面がiPodよりも見やすい。
動画が何処でも見れたら、非常に便利だナ・・・という思いがあったので、早速、参考になりそうな、「おどり~る」の動画を入れてみた。
地下鉄の中で、動画がチェックできるのは、かなりいい感じだ。
画面もかなり大きいし、見やすい。
気になるシーンを何回も見たりして、ライブのアイデアを練る。

12・29
玖島さんから、作品のおおまかなアイデアの携帯メールが届く。
それを元に、アイデアを多少修正しつつ掘り下げる。
今までやってて手馴れた手法と、やったことのない手法を並列させて、自分の中に、程よい緊張感を得るようにするようにする。・・・のが理想。結局、現場での作業になるのだから、手際よくやりたいことをやれるようにしたい。

1・4
玖島さんが、かつてダムタイプの池田亮司と共演されていたのを思い出し、図書館で、ダムタイプのビデオを借りて見る。部屋を暗くして見たら、点滅がすごかった。音のストロボ発光、というアイデアを得る。

1・11
|uniq"est|のvideon君から、alesisのトレモロ系のエフェクターを、ちょうど良いタイミングで購入する。
f0065630_14452872.jpg

これで、アイデアをより正確に、楽に、具現化できる。
夜、部屋でセットを組み、尺八を吹いて、音のアイデアを録音。cubaseで編集。
玖島さんにファイルをパソコンで送る。

1・12
所感色々。
コチラ
ちょうど、ライブが全然入っていない月でもあるので、没頭できる。去年は1月が忙しかったことを思うと、神様の采配を感じずにはいられない。

1・14
玖島さんから、作品のアイデアを詳細に記述したシナリオ書きのようなメールが来る。
「る・てん・」というタイトルで、人生の様々な様相を、抽象的に浮き彫りにする、といった雰囲気のコンセプトのようである。
具体的に音を想像する。パパっとひらめいたアイデアをメモする。
コンセプト1 点的な尺八の音とノイズを併用してノイズの中に尺八の音を埋め込み切断する
コンセプト2 線的な尺八の音を変調する
コンセプト3 尺八の音を過剰なリバーヴで飽和させる
コンセプト4 以上のコンセプトと対比するために、虚鐸の音で基本的なフレーズを吹く。
参考にする音は、デヴィッド・ローゼンブーム博士の「脳波の音楽」と、アントン・ウェーヴェルンの「弦楽四重奏のための6つのバガデル」にする。独特の直感と構成力のあるこれらの音楽が非常に素晴らしいので、インスピレイションを得たく。


1・16
玖島さんより、具体的な練習のスケジュールがメールで来る。
福岡で月末に詰めて練習とのこと。
僕のほうから、その前に、広島での練習を提案。年末に果たせなかったお好み焼きツアーのリヴぇンジも兼ねてww。
個人的に月末は仕事などで忙しいので、早めにカタチにしたいという僕の希望があった。
僕は、忙しいのは嫌いだ。そしてそれを理由に、バタバタで表現をするのを好まない。忙しいからこそ、余裕を持って臨みたい。クソな言い訳をしないように。「できない人間はできない言い訳を考える、できる人間は出来る方法を実行する」は、僕の座右の銘である!

1・18
久々に独りスタ練。自転車で行けるイ●ンのヨシ●楽器のスタジオにて。
f0065630_22291286.jpg

大きな音量で確かめたいアイデアの音が有ったので、出向く。
あと、アイデアを完全な形にしたかったので。
「スケッチ稿」が出来る。
やってみればすぐ出来た。
イマジネイションをバッチリ練っていたので。
帰りにトップバリュのポテチとオレンジジュースを買って帰る。
帰宅して、録音したファイルを編集して、玖島さんへパソコンで送る。

1・20
送った音源と照らし合わせて、いろんな段取りの確認をメールで打ち合わせ。

1・24~25
広島に。
途中、雪がすごくて山陽道は通れないので中国道を迂回。しかし、ふぶいていた・・・・
f0065630_22271161.jpg

練習スムーズに終わりました。つまり、馴れ合いではなくて、ポイントがはっきりしたので次の課題も見えてきたということ。それと、音楽以外の表現の方の発想には面白いものも多々あるが、玖島さんにこういう演奏をして欲しいと言われてやってみたら、また、視野が広がった。
あと、演奏しながらのアクションも指定されて練習。音だけにこだわらない発想には、学ぶべきものがある。
他、現美に行ってブラジルの現代アート展を見たり、お好み焼きを食いまくったり。OTIS!に行って、佐伯さんご夫妻と談笑。ピーカンパイが絶品。諸々の写真はコチラ帰りは、雪のために高速バス運休のため、新幹線で帰宅。反って、疲れなくって良かったかも。

1・29~31
玖島さんが福岡へ。
大橋の「ゆめアール」で夜練習。スムーズに進行。
30日は、大博多ホールでリハ。
音、エフェクト掛かりすぎでちょっと不満。
これは僕の問題なのであるが・・・音響の方とは旨くコミュニケイションできたのでその点は問題なし。
やっぱり大ホールでの演奏は気持ちが良い!!その気持ちよさを拠り所にしたい。

2・1
本番。
会場の熱気がすごかった。
f0065630_22273349.jpg

身体表現、というと音楽もそうなんだけど、それのみを突き詰めるラジカルさが会場中に充満していて、ちょっとやそっとの音では太刀打ちできないナ~~と身にしみて感じた。
(その意味で、桑野由起子さんの「関節」という作品が心に残った)
しかし、時間的にはほんとにあっという間な感じで本番までイッてしまい、機材トラブルはなかったものの、エフェクターの設定はちょっと「違った」りした。暗転の中での演奏だったし。
でも、まあ、俺は単なる尺八吹きだし、吹けば何とかなる、と。本質的なところで影響なく、反って、思いがけない発見もあり。「なぜか」、最後に吹いたバッハのプレリュードの終わりと照明の終わりが一致していたり。(「ホントは」途中でぶつ切りにして終了するはずだったが・・)リハで音的にイヤだったことも解消されていた。つまみのレヴェルがなぜかいつもより低くなっていただけでww ま、「ワウ掛け忘れてもた~~」とかいう失敗もあったけど。
いろんなアクションをしながら演奏する、というのも楽しかった。 イマイチ出来なくて、玖島さんには申し訳なかったけど。
アガる、というのも久しぶりに体験したが、考えたことはやれて、玖島さんと舞台の上でもコラボできたと思う。
f0065630_22562125.jpg

終わって主催者のスウェインさんから、まあその、僕の演奏、絶賛されました。それが嬉しかった。非常に話題になったらしい。どうも、いろんなダンサーから狙われるらしい・・・くらい夜道に気をつけようww

とにかく、疲れた。 ハッキリ言って。
駆け抜けた日々、その緊張の糸が切れた本番後。脱力して、風邪引きそうになった。
広島へ帰る前の玖島さんと、佐賀から参加されていた松尾由美子さんと、ベローチェでお茶する。ここに来たら必ず頼む抹茶ラテ。ばてばての身体に優しい。ダンスに対する情熱一方ならぬお二人のお話を聴きながら啜る。松尾さんは「パンドラボックス」という作品で参加されていたが、凛とした佇まいが印象的であった。
f0065630_21561934.jpg

薬を飲みまくって気合で持ち直して、打ち上げに参加。酒を飲んですっかり元気に・・・なりたかったが、そうもいかず。 50人ぐらい参加してて、さすがダンス系!といった感じの熱気あふれる打ち上げで、スッカリ圧倒されてしまったww
でも、心は元気になった。
また、何か、面白いことが起こる予感がした。

玖島さん、僕はまだまだ、貴女に太刀打ちできません!
精進します。

・・・・・振り返ってみると、今回は、イメージの変容、ということについて、とくと考えさせられた。
イメージを上書きしていくことの難しさ、それも感じた。
一回決めたイメージを変えるのは勇気がいる。
その辺の意識の持ち方も、色々試して行きたいと思う。

by ryosai160 | 2009-02-04 21:28