萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 28日

26日 まどかぴあティータイムコンサート

大野城まどかぴあという場所で演奏してきた。
ここは、かの池田満寿夫が名付け親で初代館長という、公共のホールとしては異色の場所で、ここに出演できるのは福岡の演奏家にとって一種のステータスだそうだ。へぇ~~
僕は、2回目の出演になる。前回は福山亘さんのコントバラスとのDUOだった。

ゴールデンウィーク前に担当の方からメールで依頼を受けて、ツテをたどって、共演者を決定。
今回は色々な曲に対応していただけるピアニストが良いな・・・ということで、農業系のNPOをされているお顔の広いYさんに相談したら、紹介されたのが、ジャズピアニストの松竹由美子さんだった。非常に気さくな方で、しかも、まどかぴあにはクラビノーバという電子ピアノしかないのですが、という相談をしたら、それでいいです、ということで安心。ピアニストは得てして生ピアノしかダメ、という人が多いので・・・・(後で聞いたら、彼女は、エレクトーンやハモンドオルガンの演奏経験もあるそうだ)

曲は、

①星に願いを (ピアノソロ)
②ステラ・バイ・スターライト
③美しき天然 (尺八ソロ)
④春の海
⑤ラウンド・ミッドナイト(ピアノソロ)
⑥空も飛べるはず
⑦The Rose
⑧Take5

七夕がテーマなので、「星」「空」「夜」そして、「日本」をキーワードに選び、それプラス、好きな曲もセレクト。
所謂営業向けの感じだが、尺八が気持ちよく吹ければ、ということしか念頭にない。
そして、松竹さんのジャズテイストを存分に生かせれば。
そうしたらこうなった。

本番は、10時入りですぐにサウンドチェックとリハ、そして12時過ぎから本番、という短期集中勝負。
日ごろはサウンドチェックとリハをしたら、後はノンビリとライブ会場で過ごすことが大半なので、ちょっと慣れない。しかも朝だし・・・色んな行動をテキパキと的確にこなしていかねばならない。プロの現場、という感じがする。
それでも、控え室で松竹さんと十分に談笑する時間はあった。凄くキャリアのある方なので、恐縮しつつ、しかし、最近ハマっておられるという、もち吉の「ねぎ味噌煎餅」を頂く(笑)色々と面白いお話が聞けた。まどかぴあの担当の方のピアノの先生でもあったらしい。面白い偶然だな~

時間になると担当の方が控え室に僕たちを呼びに来られて、まるで試合前のボクサーのように(笑)ステージに案内される。
お客さんも程よく集まって、本番開始。
PAの響きもいい感じである。今回は、ヘッドマイクとリバーブを持参した。曲によってリバーブは種類を使い分けたい(普通はROOM,バラード系はHALL,とか)のだが、会場自体に程よいリバーブが掛かっているので、「お風呂の中の鼻歌」状態にならぬようにするのに気を使う。

松竹さんのゴージャスなピアノソロから始まって、あとは、すらすらと気持ちよく進行する。

実は、合わせは1回しかしてなくて、リハもそんなにしてないのだが、返ってよかったかも。
ジャズは即興性で勝負の音楽なので、こういう感じがいいのだろう。スリルもあるし(笑)。
その中に、「春の海」やスピッツの「空も飛べるはず」というアドリブのない曲も挟んで、アクセントを出すというのも「作戦」であった。

やっぱり、好きな曲を存分に吹けるのは、幸せだし、原点であると思ったね。
尺八吹きなら誰でも憧れる「春の海」を吹きたくて、一生懸命、練習した学生時代。尺八も、この曲は普通の1尺8寸管よりも短い1尺6寸管を使うのだが、それ欲しさにバイトしまくったことも思い出す。その時に15万円で買った尺八を20年近くたった未だに使っている。
Take5は、やはり学生時代に、ネプチューン海山というアメリカ人の尺八奏者が演奏しているのを聴いて、虜になって、やっぱり熱を入れて練習した。尺八でジャズ、というカッコよさに、いつか絶対オレも、って思ってたけど。カッコよさはともかく(笑)、演奏は楽しんで出来るようになった。
「空も飛べるはず」・・・スピッツの曲は、そして草野マサムネ君の声は素敵です。その素敵さを自分なりに出したいと思ったけど。 イントロで心が躍って幸せすぎて、出だしの音程が上ずっちゃったよ(笑)。松竹さんは「構成がヘンな曲」と言っておられたけど。彼女が弾くと、ジャズテイストになって、その陰影のある華やかな感じがとても素晴らしかった。
The Rose は、関西の親友に、ベッド・ミドラー主演の同タイトルの映画のDVDを貰って、見れたので、曲作りに凄く参考になった。ありがとう!(それにしても、胸に迫る映画だった・・・また、ユックリ見直そうと思う)

40分という制限時間も守って、コンサートは終了。
拍手の「質」からして、楽しんでいただけたみたい。
mixiでお付き合いのあった、二日市の、JAZZ工房ニシムラの西村さんも来て頂き、挨拶をする。今度お伺いする予定である。

控え室で、アンケートを読ませていただく。
嬉しいご感想あり。
f0065630_11563321.jpg


担当の方に挨拶して、帰る。
近くの「小麦冶」でうどん。
そして、行きがけに見つけた西鉄春日原駅前の珈琲屋に入る。珈琲300円で旨かった。また、まどかぴあに来た折りには…
f0065630_129565.jpg


by ryosai160 | 2008-06-28 12:10
2008年 06月 23日

嵯峨野竹林

f0065630_21474364.jpg
f0065630_2148348.jpg
f0065630_21482243.jpg
f0065630_21483554.jpg
f0065630_21484532.jpg


by ryosai160 | 2008-06-23 21:49
2008年 06月 22日

山本精一+K.K.Null=ONTOKOを難波ベアーズで体感

f0065630_23474771.jpg

方や、Boredoms,方やZeni-Gevaと、日本発のオリジナリティ溢れるオルタナロック・宇宙的グルーヴミュージックを世界中で展開してきた、二人の侠(おとこ)のDUOがONTOKOである。
ずいぶん前にCDを入手して愛聴していたが、久々にこのお二人で関西ツアー、ということで、かなりアゲアゲな気分になってたところに、色々と折り合いもよく、久々の大阪に飛ぶ。
実際は、夜行の高速バスで行ったのだがww

21日。
夜の難波で、連れの関西の心友・僕を音楽の道に引きずり込んだ悪の張本人w、今は某書店の店長であるTTと飲み食い。ライブにも一緒に行く。

元祖たこ焼き(らしい)・会津屋のたこ焼き。やっぱりたこ焼きは大阪!!40個は軽くイッた。
f0065630_152343100.jpg

ウインズの向かいにある豚肉の居酒屋でこぶくろ刺身&泡盛「残波」。エエ組み合わせや!!最高!!!
f0065630_1524253.jpg


ベアーズも久しぶり。(なぜかZAZEN BOYSのTシャツ着て行った俺w)
f0065630_1525388.jpg

前やってた「土偶」というバンドで、姫路の「怖(COA)」というバンドのレコ発イヴェントに呼ばれて演奏したのが、6年前。
しかし、お店も周りの風景も、当時と殆ど変わってなかった。隣の喫茶店もあったし。近くにヤマダ電機が出来たぐらい。
しばし、想い出に浸る。
会場より少し早めに行ったら、地下のお店から、轟音ノイズが洩れ聞こえていた。上はマンションなのに・・・凄いな・・・大阪って奥が深い!!ww

開場して、お店に入ると、相変わらずの薄暗いアングラ全開な雰囲気で、ステージも床もボロボロ。
空調直撃で冷風がキツイしww
でも、妙に落ち着く感じ。

お客さんは、ボチボチと集まってくる感じで最終的には、50人ぐらいになったらしい。
見渡すと、殆ど、「その筋」の方々というか。
男はハードコアな面構え(ご自分でもバンドをしているのだろうか)もしくはアングラオタクにジャパニーズオルタナ好きなガタイのいい外国人、不思議~~な雰囲気の女性が床に座り込んで独りでポツンと、みたいな。ゴスロリの姉ちゃんもいたな・・・・なぜかいきなり挨拶されて面食らったがww
ほか、腕に見事なタトゥーだらけの若者。
オルタナ人生を送ってらっしゃる方々が殆どと見た。
あ、俺もかww

ライブは案の定、20分ぐらい遅れで始まる。
構成は次の通り。

1.ソルマニア
2.K.K.Null solo
3.山本精一&K.K.Null duo

ソルマニアは、関西在住のデザイナー大野さんのノイズプロジェクトで、メタル系のWネックギターを改造した奇妙な形のギターを駆使する、ギターノイズ系の音。10年前ぐらいに梅田のスペースで見たことがありそれ以来。今回は、DUO編成で、改造ギターで轟音を発していた。
Wネックギター+ベース弦を2本という凶暴な楽器から発せられる音。訳のワカランぐらい沢山のエフェクターを経由して、マーシャルアンプ8台ぐらいから、まるで、核戦争の世界に吹き荒れる風を思わせるような、そんな音がノンストップで吹き荒れる。(昔見た、核実験の映像を思い起こした)
その中に居ると、だんだんシーンとした気持ちになってくるのが不思議。
余りの爆音に、耳は殆ど急性難聴状態。こんな体験も久々だ。
f0065630_22102234.jpg

アレコレいう事も無く、唯体験。座禅ににている。
不快感は全く無かった。お二人の清明な精神の賜物か。

休憩して、K.K.Null solo。
初めて見る。予想外のSETだが、実は、見たかったのでラッキー!!
機材的には、アナログシンセに種種のエフェクターを経由させて、カオスパッドを最後に繋いでコントロールしているようだった。メイン楽器のギターは無し。僕は、機材的なことには興味がアンマリないのであるが、このシステムから発せられる音、が今の彼の昔なんだと認識した。
怒涛のように繰り広げられる音の洪水・・・・ノイズ・パンク・テクノ・現代音楽・コラージュ・民族音楽・・・・そして、そこにあるのは、揺ぎ無い精神だった。
彼の昔から変わらない揺ぎ無い姿勢そして修行僧のような風貌は、僕が自分で独自の音楽活動を始めたときに、とても励みになった。インディーズ、というのはいまや当たり前であるが、それを、まだ、その言葉が認知されていない頃から続けている・・・その人の音は、説得力を超えていた。緻密な構成の音曼荼羅から、「最終物質」が一瞬見えた気がした。

そして、休憩を挟んで、いよいよ、山本精一&K.K.Null duo。
山本氏のシステムは、サンプラー+エフェクターをズラッと並べた感じで、サンプラーは1年前に長崎で見たソロで使っていたのと同じ、AKAIのヤツだった。黒いストラトのギターもあった。
精一氏は座っている客に向かって「座るな、立てや!」と起立を促して、自分は椅子に座ったりw、何かやっぱり一年前の長崎と同じように攻撃的で情緒不安定な感じであったが、これは演出なのか本気なのか、よく分からない・・・
が、演奏が始まると、「精一節」が炸裂。とにかく、そこに、山本精一、という存在が十分に感じられる音である。チープでストイックでエキセントリックでサイケでアーシーでメランコリックでバカバカしい・・・・「大阪のヘンなオッサンの歌」がそこにある。
これは凄いことだ。弾き語りでも、フュージョンでも、ソフトロックでもなく、言ってみればただのノイズなのに、そこに、それらと同じ「歌」がある。
どこでも「その人」であり、どこにもない。
境地だ、と思いつつ、段々、のめりこむ。
NULL氏との相性もトテモ良く、CDのミニマルギターノイズとは違った、フロント242とかその辺のアグレッシヴな呪術的なサウンドになっていた。
一見即興的であるが、随所にキメがあり、念入りに構成された音であることが分かる。
手抜き無しの真剣勝負に感銘を受けた。

これは、本当に来て良かった、と実感した。
奇跡に立ち会ったような気持ちであった。
大げさではなく。
TTも、放心していたようだった。
このライブを見たことは、それだけで凄いことナンや、と帰りの地下鉄の中で力説した。

「つるとんたん」でうどんを食って、森之宮のホテルに戻る。
f0065630_2291127.jpg

ホテルに戻っても、難聴は続いていたww
心の耳は、研ぎ澄まされた感じだったが。

by ryosai160 | 2008-06-22 16:35
2008年 06月 19日

LOUNGE SOUNDS に|uniq"est|で出演

昨日 18日

仕事を午後早々、早目に切り上げてブードゥーへ。ライブのリハ。淡々と済ます。

リーダーideon君の気になるという四川料理屋で夕飯。美味かったが辛かった。四川出身の方が料理しているらしい。故郷のお宅は無事なのか・・・・
f0065630_2057294.jpg


イヴェントの出番がトリで時間がタップリなので、合間を見て「天神湯の華」で汗を流したり(やっと会員券を作った)、ダイソーで色々買い物したりする。エフェクターボード代わりのA3サイズの合板が我ながらナイス買い物であった。

イヴェントを楽しむ。酒は本番前なので飲めぬが・・・・
f0065630_20573776.jpg

ギガンテクトと熊本のドイサイエンスにかなり衝撃を受けて、ライブせずにウチに帰りたくなる(笑)。
ドイサイエンスは4年ぐらい前に熊本のシャープというところでデヴューライブを見たが、あの頃より格段に変態度UPしてて、クオリティが高かった。
ギガンテクトはどこか韓国のポンチャックを思い起こさせる脱力系サウンド。素晴らしい!!

当然のように、というか、当然、本番を迎える。
こないだの週末、ヒマにまかせてWordで作った|uniq"est|Tシャツハングル版を着る。だが流石に誰もハングルを読めなかった・・・・ が、まあいい。これで韓国進出も夢じゃない?(笑)
f0065630_20591370.jpg

何時もの通り気持ちのいい汗を流して(スポーツジムかい!ww)ライブ終了。
実際熱かった・・・・とにかく燃えた。
f0065630_210478.jpg

f0065630_211927.jpg

f0065630_2112829.jpg

f0065630_211415.jpg

ライブ終了と同時に、場内にヒカシューの「プヨプヨ」が流れたのに興奮して撤収しつつ一緒に歌う ナイス選曲BOGEY!!そしてナイス ラウンジサウンズ!!またヨロシク!!!
終わったあとの貰いビールが美味かった!!



今日 19日

日付が変わると同時にドラムス&TV担当・光男の29歳の誕生日。長浜公園にて祝う。
|uniq"est|の大奥(笑)・ユウさんの愛のチーズケーキのご相伴に与る 。
f0065630_213081.jpg


当然終電は逃し、ベース&ピアノ担当・シラベ君宅にお世話になる。
ダークかつブラックな話をウダウダして、サニーで買ったマミーを飲んで就寝午前3時。

午前7時起床
朝ごはんをご馳走になる。ドイサイエンスのCD聴きつつのアバンギャルドな朝。
土砂降りの雨の中出勤。
機材は300円ロッカーにぶち込む。

仕事が忙しく昼飯はインスタント汁粉と豚マンのみ。
最悪のコンディションで仕事。
残業3時間。

クタクタの身体でコインロッカーから機材を出して担いで帰宅

明日からの関西行きの最終準備

by ryosai160 | 2008-06-19 23:59
2008年 06月 16日

イメージフォーラム・フェスティバル2008 Aプログラム 福岡篇を見る

全国で開催されているこの映像イヴェント、福岡は、総合図書館のシネラという映像施設。風情なし。
福岡、マジで、ハコが無い。アーティストを輩出するばかりの街だというのがよく分かる。
でも、まあいい。ここは数々の名作を見た、馴染みの場所なんだから。

ハッキリ言って、自分の音が、上映作品に使われているという理由だけで行ったので、どうこう言う資格も無いような気がするが。
しかし、行ったら行ったで、予期せぬ収穫があった。

まずは、"CHIRICO"。どんな作品かはココに。
イタリアの画家、キリコの絵をアニメイションで動かして、そこに、原画には無いけれども、実はそこに潜んでいたシュールレアリズムの持つ意識のダイナミズムを浮き彫りにするような印象を受けた。全部手書きのアニメイション・・・・昔よく作ったパラパラ漫画を思い起こすが、それと比べるべくも無い「子供のハートを持った大人の仕事」である。6分ぐらいの作品に、よくぞこれだけのことを・・・・・田名網・相原両氏の計り知れぬ執念と愛に、畏敬の念すら覚える。
子供の頃にパラパラ漫画などの「子供の科学」を通して感じていた、「動きそのものの直感的な面白さ」、をこの歳になって、大人の感覚で、改めて存分に堪能。
その世界に呼応する佐伯さんの音。スクリーンで見、大きなスピーカーで聴くと、色んな音域・周波数帯の音がリアルに感じられる(特に低音域が凄かった)。基本的に様々なサンプリング音で成り立ってて、その中には、僕の馴染みの音もあった。それが、浮きつ沈みつ、ってな感じだった。日ごろのライブでの佐伯さんの音とは、また一味違うアバンギャルドさで、多彩な才能を伺わせる。(この辺、山本精一さんに才能が似ていると思う。)と僕が偉そうに言う筋合いは無いのであるが(何時もお世話になっています!と本心から言える数少ない人)。
冒頭で使われている僕の尺八の音も、僕という「とりあえずの主体」はどうでも良くて、21世紀のキリコの新しい世界の中に、溶け込んでいた。全体的に「夢見の音」、というのか、・・・・何時までも浸りたい夢。意識の流れそのもので、気持ちいいとかナントカを超越して、海に行って色んな波の満ち干やウネリをただ眺めるように、そこにいて眺めるだけ。時には、自分もその中に居る。
最後の、おおたかさんのヴォイスが、夢から現実への、そしてまた夢への水先案内人のように響いて、この作品は終わる。(・・・ちなみに、曲はエストニアの「子供の頃の思い出」じゃなかったっけ?)

高校生の頃、実は、映画を志していたこともあったんだが、そっちにしとけばヨカッタ・・・・と一寸思った。なんで音楽やってんだろう、俺。
しかし、僕の尺八がシネラで鳴り響いたのに、ミーハーに感動。
もう、死んでもよかっっちゃん!!なんちゃって。
まだまだ、死ねない。
現金な俺。



もう一つ、印象的だったのは、「奥山順市のインデックス・ムービー」。
奥山順市という映像作家が、自作を解説しつつ、同時にカットアップ的に解体するという破天荒な作品。
映像の中身(ソフト)、では無くて、映像というメディア・もっと言えばブツそのもの(ハード)を凝視して行動して実験して、荒唐無稽な笑いを感じさせる、「突き抜けた無意味」の実践を独り40年以上も続けているそのこと自体が、ぶったまげものだった。
ツイデに見たのだったのだが、ツイデにしてはデカ過ぎるおまけだったwww
毒蝮三太夫のような顔のオヤジ、すなわち奥山氏が画面いっぱいに無精ひげも生々しくw顔出して、矢継ぎ早に自作解題していく、そのスピード感。
スピード感、に「前衛」という死語を感じた。死語の世界。死語が生々しかった。(っていうか、今は、気は利いてはいるがリアリティの無い表現が夢の島に捨てたくなるほど多すぎるのだ!!)

そして、「チックタックチックタック、ボーン・ボーン」と、まるで食い倒れ人形のように首を振りながら何度も何度も唱える氏。胡散臭いオッサンだ!!ww
これぞ、無意味の真骨頂!!
意味を爽やかに突き抜けて、虚空に達していた。
唐突だが、こういう精神が、かのジル・ドゥルーズにあったなら、彼は、ああいう死に方をせずに済んだのかもしれぬ。ミル・プラトーとか言ったって、その終わりは直線的な時間観から逃れることは出来ないことを示していた。

仕事がうまくいかない?
金が無い?
人生に疲れた??
自分のやりたいことが見つからない???

さあ、唱えよう!!
「チックタックチックタック、ボーン・ボーン」
「チックタックチックタック、ボーン・ボーン」
「チックタックチックタック、ボーン・ボーン」
「チックタックチックタック、ボーン・ボーン」
「チックタックチックタック、ボーン・ボーン」










by ryosai160 | 2008-06-16 20:16
2008年 06月 15日

心はあじさいの花

f0065630_2311277.jpg
f0065630_2313239.jpg
f0065630_2315455.jpg
f0065630_2321656.jpg
f0065630_2324143.jpg
f0065630_233259.jpg


福岡市西区・糸島郡二丈町にて撮影。

by ryosai160 | 2008-06-15 23:04
2008年 06月 08日

6/7 チベット犠牲者追悼法要キャンドルナイト

f0065630_12392074.jpg


に、出演してきた。
1週間前に、作曲家の山本先生からご依頼があって、急遽決定。
僕も、チベットや四川大地震関係のイヴェントに出演するチャンスがあれば・・・・と思ってたので、渡りに舟、みたいな感じだった。
しかも、「九州-チベットを考える会」という、発足してからまだ1ヶ月の、出来立ての団体が主催ということで、これが2回目のアクションということだ。フレッシュな活動に参加できて嬉しい。

会場の南福寺は、桜坂にある、真言宗のお寺。
そこに、会の呼びかけで、宗派を超えた僧侶が集まって、午後6時から、法要が始まった。
当然出席。
f0065630_1314524.jpg

僕は音に携わっているので、どうしても、僧侶の発するお経の節、鐘の音などに注意が行く。
結構トランシーな感じ。お寺自体は真言宗と言うことで火を焚くので、余計に儀式的な要素が増す。
太鼓を叩きながら般若心経、というのは初めての体験だった。色んな宗派の作法が混じっているようだ。貴重な体験だった。

その後は、コンサート。
ハープ弾き語りの空閑ゆき子さん、オカリナの松藤良子さん、そして僕が、それぞれ、20分づつ、ソロをする。
会場は野外で、沢山の手作りのキャンドルの灯りの中、マイク無しの生音が、良い感じで響く。
キャンドル一つ一つに、想いが篭っている。

僕は、何時もやってるレパートリーを5曲演奏。

バッハ:サラバンド
バッハ:プレリュード
美しき天然
二泉映月
平和に生きる権利

f0065630_13143224.jpg


山本先生ご夫妻も来られてて、やや緊張しつつ・・・という気持ちだったが、ニューヨークに3年前行ったときのチベット体験(ニューヨークには亡命チベット人が多いのを肌で感じたこと、FREE TIBETやSAVE TIBETの文字を結構見かけたこと)などを喋りつつ、演奏。

祈りを込めて・・・というところだが、実際は、ただただ、音を無心に出すだけ。
無心にしかなれないな。
結局、僕には、祈りと言うのは観念でしかない。
そんなことを感じる。

「音楽だけじゃないものが伝わってきました」
と、言われた。
それで出た甲斐があった、と思った。

終了後、会場に来られていたチベット人の方々と少し話す。
ニューヨークのアスタープレイスにあるチベット料理屋「ツァンパ」で食べて一番印象に残った、ヨーグルトと麦粉を混ぜた食べ物が、僕はてっきりデザートだと思ってたが、実は主食だった・・・・というのに、些かショックを受けた。
彼らは命がけである。
「身体に気をつけてください」
それしか言えなかった。
f0065630_132418.jpg


-----------------------------------------------------------

以下は、数日前に、とあるコミュで書いた文章。
「糸」と言うタイトルで。


先週末、とある葬儀に出席した。
1人の人間を弔うために、何百人もの人たちがやってくる。

かたや、瓦礫の下で、誰知れず孤独に果てる生命もある。
何時弔われるとも知れないその魂は、行き場を失って、彷徨っている。

そんなことを帰りの道すがら、考えていた。
その想いの重さに、グッタリした。
世界は悲しすぎる。

次の日、6/7のキャンドルナイトの依頼があった。
何時もお世話になっている、作曲家の山本先生から。

前日考えていたことを思い出した。
凄いタイミング。

何か、結ばれているのだろう。
この悲しい世界で。

by ryosai160 | 2008-06-08 13:38
2008年 06月 02日

惜別:十蘭堂

たった一回行って、演奏したというだけだが、心に残ってて、また何時か・・・・と思っているうちに・・・・
札幌の十蘭堂が今月でクローズということで、なんか、心にポッカリ穴があいたような気持ち。

こういう場所があるのか・・・・と。
北国に咲いた赤い花のような、そんなイメージであったが。

札幌在住の尺八吹き、えにしさんとのDUO。
それが、十蘭堂での出来事だった


同じ楽器を手にして、日本の端っこで、頑なに自分の道を歩いている。
尺八を吹き続ける理由がある。
そんな共感があって。
まだまだやれる、と希望を胸に九州に戻ってきた。
間違いなく、僕の生涯で奇跡のライブ、の一つになった。


別れによって、人は深くなっていく
って言ったって。
別れはつらい。

by ryosai160 | 2008-06-02 21:40