萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 31日

|Uniq"est| release live at public space 四次元

この春、天神に新しいハコ誕生。
public space 四次元
ここは素晴らしい!!新しい息吹を感じます。
間違いなく、福岡音楽シーンのコアになるだろう。
地元にこういうハコがあるとは、非常に嬉しい限りである。
f0065630_142637100.jpg

そんな場所で、僕たち|uniq"est|のレコ発ライブをさせていただいたことは、とても、運命的なものを感じる。タイミング良過ぎ!!ww

広島から、Speaker gain teardropなる、3ピースのロックバンドを招聘。
2年前に|uniq"est|で広島OTIS!でライブしたときに、Speaker gain teardropのギターのホリベ君が、stabilo名義でラップトップ音楽を演奏していた。その時に知り合いになって(しかし、彼周辺の人は、実は、僕の広島時代からの知り合いがいたりしたのだが・・・・世間は狭い)、交流が出来た。
(リハ後に皆でドトール珈琲に入ったが、彼とは広島音楽ネタで大いに盛り上がった。久々に広島について話が出来て楽しかった)
スタイル的にはシューゲーザーという、「内向的轟音系ロック」になるらしい。|uniq"est|で言えば、drawing wavesと言う曲がそんな感じなんだが・・・・僕は最初、シューゲーザーってお菓子の名前かと思ってたww
それはさておき、彼らの音は、ダークさと激しさ、雨の後の潤んだ風景、エレクトロニカ的質感、そしてロックの突きぬけ感が色々交差した、雰囲気のある完成度の高い音だった。こんなバンドに先にやられたら「持っていかれて」しまう・・・・と、見ながら思ったが。

で、僕たちの番。
お客さん一杯。
後から聞いたら50人ぐらい入っていたそうだ。
・・・皆、俺たちのCD、持ってるか??!!ww

f0065630_14374815.jpg
f0065630_14375573.jpg
f0065630_143842.jpg
f0065630_1438126.jpg
f0065630_14381939.jpg
f0065630_14382610.jpg


アルバムの曲を全曲演奏・・・・という試み。
ぶっちゃけ、これ以外、レパートリーが無いのだがww
一見、音響派というか、高踏的に見られ勝ちな僕たちなんだが、今回は、MCも愉快に炸裂、笑いを取りながらステージング。
というか、日ごろリハしているスタジオでは、何時もこんな感じ、皆で冗談とか言いながらやってるんよ・・・・と言うところに僕はポイントをおきたかった、というのもある。
スタジオでリハするというのも、僕たちの生活のひとコマで、そこからステージに飛び出したイメージ。かといって、生活臭とか言うのではなくて、音楽はあくまでも音楽として「凝縮したモノ」で無ければならない。
そして、祭りの神輿を一旦担いだら、最後までオッショイオッショイだ!!
f0065630_14455170.jpg

やっぱり、ライブはアツくないとダメだ。今回は、アツかったので、ヨシとしよう。
というか、単純に盛り上がって楽しかった。
お客さんが「来て良かった」と思ってくだされば、言うことは無い。
来て下さってありがとう!!
そして、コアなファンも・・・・こういう人たちの支えがないと、正直、バンドって出来ない。
何時もありがとう!!!

アンコールが来たので、STE-008というエレクトロニカ的な曲の別バージョンを。
セッション的になった。こういう感じはこのバンドではやってないので、これからの展開を予想させるモノに・・・・なったのか??ww

思いがけずガテン系なライブになっちゃって、終わったらクタクタ。
身体のアチコチにガタが来て、湿布10枚でも効かなかったが・・・・ww


でも、何かが吹っ切れた。


PS. 打ち上げの2次会は、大濠公園で明け方まであったらしい・・・・

by ryosai160 | 2008-05-31 15:03
2008年 05月 19日

|uniq"est|関連のお知らせ:3題

その①
先日、バンド|uniq"est|の一員として、『西日本新聞』の平原さんからインタヴューを受けました。その時の内容で、昨日18日の朝刊に記事が載っていました・・・が、今日は(当然)発売されていないので、webでご覧下さい。
コチラです。ライブの動画も見れます。
記事はバンドの核心を突く素晴らしい内容です。


その②
福岡市内を中心に現在配布中のミニコミ誌"TIME MARKET no,126"に、|uniq"est|のインタヴュー記事が載っています。春吉のgigiにて、CD製作・バンド結成にまつわる話などをメンバー(ほぼ)全員でしたものを纏めてあります。バンドとして言いたいことは、ここにほぼ網羅されています。
福岡の主要なライブハウスやスタジオにおいてありますので、お手にとってください。


その③
週末の25日は、天神の「四次元」というライブスペースで、|uniq"est|のレコ発ライブです。広島から素敵なバンドをお迎えして、ツーマン形式で行います。
CD収録の曲を全曲演奏・殆ど別アレンジ、という、大変に内容の濃いモノとなります。1時間ぐらいやります。こういう機会はもう無いと思います。
是非是非、お越しください!!

場所 パブリックスペース四次元(福岡市中央区天神)
開演 19:30
料金 1500円
出演 speaker gain teardrop(広島)、|Uniq゛est |

by ryosai160 | 2008-05-19 20:38
2008年 05月 18日

唐津紀行

3年ぶりに会う関西の親友と、唐津に出向く。

唐津駅近くの川島豆腐店。
1日2回・限定10席の豆腐料理を頂く。
唐津焼に載って出てくる、様々な豆腐のヴァリエイション。
とにかく、美味かった。特に、揚げが最高。
f0065630_220378.jpg
f0065630_2201877.jpg
f0065630_220295.jpg



呼子。
当然、イカを食す。
f0065630_2222652.jpg

長閑な風景の中を、イカを目指して歩いた(笑)。
f0065630_2274726.jpg



七つ釜。
「バリの海より綺麗やな」と親友は言った。
玄界灘の風景は、心に迫る。
一番好きな海。果てしない。
f0065630_224102.jpg
f0065630_225072.jpg
f0065630_225134.jpg


by ryosai160 | 2008-05-18 23:59
2008年 05月 13日

人間の顔:北京~一年前

ちょうど一年前に行った北京
f0065630_2255776.jpg
f0065630_22551735.jpg

f0065630_22564328.jpg


ハッキリ言って、そんなに好きな街ではなかった。
物理的にも精神的にも、ツライ面が多い街で、そのツラさも時と共にイイ思い出に変わる・・・・性質のものではなかった、というのが正直なところ。

ただ、そこに生活している人々の表情には、不思議な安心感を覚えた。
生きている。日本ではアンマリ感じない、剥き出しの表情が。

そして、圧倒的な空の風景。その色。
日本では見たことの無いBLUEの深み。
茫洋たる砂の色。
夜と明け方の境目の無さ、その広々とした感じ。
大陸、を実感する。
そういう貴重な時間もあった。

何よりも、誘ってくださった佐伯さんが、殆ど言葉の通じないタクシーの運ちゃんと仲良くなって、身振り手振りでコミュニケイションを取りつつ、郊外の盧溝橋に行ったりしたことやその近くの古い村に行ったこと、それがでかかった。
コミュニケイションする気持ちがあって、自分のしたいことを伝えられれば、言葉は通じなくてもナントカなるもんだな、と勉強になった。自分もそういう体験してみたい、と思ったんだった。自分ひとりで旅に出たい。
そして、その時に、実は、先月末に実行した韓国一人旅の構想は、芽生えたのだった。

音楽だけやりに行って、拍手貰って褒められて。
それだけじゃ、つまらない。
つまらないことはしたくない。
人間から何かを受け取りたい。

by ryosai160 | 2008-05-13 22:56
2008年 05月 11日

黒茎 ~BLACK ROOTS~

f0065630_07743.jpg


このCDに関する詳細はコチラ

僕が一番尊敬する、故・キム・デファン先生のCDの中で、長らく入手できてなかったのだが、こないだの釜山旅行で、ホントに偶然かつ必然的に、入手できた。

曲ネタは、コルトレーンとかアリランとか、特に凝った感じではない。ま、あんまり重要ではない気がする。
でも、演奏が尋常じゃない。
何か、トッケビが降りてきたような。
特に、キム先生の、拍子とかビートの概念を越えた、どこでどう合わせているのか分からないけど合っているような合っていないような、しかし、全然奇天烈でもない、大いなる説得力のある演奏は、神の仕業としか言いようが無い。
梅津さんも良い音だし、山下洋輔って、もっと直線的な感じを想像していたけど、ブロックコードで醸し出す大太鼓の一打ちのようなパルスが非常に東洋的で異色のプレイだと思う。
カン・ウニルさんのへグム(韓国の胡弓)の音が、ともすれば拡散しそうなフリーインプロの中にあって、要所要所をビシッと引き締めている。(彼女とは、韓国のフェスで一回お会いしたのだが、とても気品のある方だった。今は、民族音楽系のプレイヤーとしては韓国で一番売れっ子らしい)

東洋的なジャズ、というのを売りにしてても、本質的に、直線的な時間と空間から抜け出せていない作品が殆ど全てなのだが、このCDからは、「円の呼吸」しか感じない。しかも、アツい。

ナマで聴いてみたかった!!

まあでも、キム先生の演奏は、10回ぐらいナマで聴いたのだから、ヨシとしないと・・・・

僕の音楽人生、ってヤツも、キム先生との出会いで、決定的になったのだから。

by ryosai160 | 2008-05-11 00:03
2008年 05月 10日

田植え~温泉~尺八

今日は、佐賀県某所にて、農業系のイヴェントに行ってきた。

田植えがメイン。
雨降り&寒さで、僕は風邪引きそうだったので、見ているだけだったが・・・・
特に子供たちは元気に田植えをしていた。
f0065630_22335753.jpg

その後温泉とメシ。この当たりが僕の本領発揮ww
古湯温泉はいい湯であった。
メシも美味かった。この弁当(スーパーのマキイさん製)のほかに、カレーとナンと豚汁もあった。
f0065630_2236184.jpg

ヒト段落着いて、僕の尺八演奏。
f0065630_22364698.jpg
f0065630_2237142.jpg

f0065630_22423562.jpg

終わったあと、坊ちゃん刈りの男の子に「演奏が上手だったですね」とか、女の子に「帽子を被らないほうがカッコいいのに」とか、感想を頂いた。子供は率直でいいですね。

この後、お茶の先生から抹茶を頂く。
挨拶をする意味とか、日本文化についてとか、色々とお話しする。

f0065630_22393061.jpg

あいにくの雨降りではあったが、色んな植物は返ってイキイキとしていた。
自然と共に生きたいのなら、そういうことを喜ばないとね。

by ryosai160 | 2008-05-10 22:41
2008年 05月 06日

アニメーション"CHIRICO"(田名網敬一+相原信洋) 

現在東京方面で開催中の、「イメージフォーラム・フェスティバル2008」に出品中のアニメーション"CHIRICO"(田名網敬一+相原信洋)の音楽を、広島OTIS!マスターにしてミュージシャンの佐伯雅啓師が担当されています。
田名網敬一、って、たしかこないだ、福岡でもサイン会してたと思いますが、サイケアートの巨匠、じゃなかったっけ。相原さんは、去年、北京にてご一緒した、こちらも超サイケな方です。
彼らのアニメの音を担当される佐伯さん、凄いな~~~流石やな~~~と思ってたら、僕の音も、素材として、最初の方で使われています。(勿論、許可をさせていただいています)ワウ掛け捲りの僕の尺八の音が、摩訶不思議なアニメーションの上に舞っていますww

4分ぐらいの短い作品ですが、かなり強烈です。ま、作家が作家なんで・・・・ww
僕も、何回も展覧会に足を運んだ、大好きなイタリアの画家・キリコの絵を題材に、現代的な翻案をされた内容、と言っていいか、と思いますが、自分の音が、そんな作品で使われるのが、大変嬉しいです。

佐伯さんの音も、その辺のエレクトロニカ小僧はぶっ飛ばして、土星の彼方まで飛んで行ったような、僕ごときの頭と感性では理解不能な、しかし、なんか説得力のあるものです。


と書いて、興味津々の、福岡方面のアナタ。

来月中旬(6/11~15)に、福岡にも来ますよ!!
場所は、僕もおなじみの市立総合図書館・シネラです。
僕は、勿論見に行きますよ。

by ryosai160 | 2008-05-06 22:32
2008年 05月 05日

CANDY BOXとの共演

5/1
韓国から帰ってくると、置きっぱなしにしていた携帯に連絡が。
Yさんからである。
某通信系会社に在籍しつつ、「ミュージックシティ天神」の立ち上げ時に関わったり、ベイサイドのイヴェントを仕掛けたりというオモロイおっさん。
「4日にCANDY BOXのライブがあるから、3日に彼らと一緒に練習して、早速やってみらんや?」ということ。

リョーユーパン(九州北部の大手パン製造メーカー)のCMに曲が起用されているこの、2人組のストリート系バンドは、Yさんに連れられて、見に行ったことがある
その時に、共演の話をされたのだが、どういう接点を持てばいいのか、よく分からんな~とボンヤリ思った。最近の、宇多田ヒカルとか、そんな感じを受けたので。まだ、20代前半の若い人たちだし。
中島みゆきとか矢野顕子とか渡辺美里とかユーミンとか・・・・80年代のポップスで育った僕には、ちょっと耳慣れない音楽だったのだ、というのが正直なところ。

ま、しかし、僕はアンマリ深く考えるの苦手だし、練習場所の佐賀の田舎は魅力的なので、OKする。温泉近いしww


5/3
で、佐賀の某所にて練習であった。
Yさんたちが立ち上げた、とある農業系NPO法人のアジトとして、内装をやり直された古民家があり、そこに拉致された訳です。
素晴らしい環境、福岡CITYから車で1時間で、こんなところがあるなんて・・・と正直目から鱗、でした。
f0065630_21451977.jpg

f0065630_21453586.jpg

で、練習~メシ~練習~来週やる茶会イヴェントの手伝い~練習、みたいな感じでした。結構ハード。
CANDYとは段々、音的にもシックリ来るようになったので、問題なし。彼らも、あんまりジョイントの機会がないので最初はお互いぎこちなかったが、結局、コミュニケイションの問題である。次第に馴染んできた。 2人も、率直で真面目な人たちなので、僕もモノが言いやすかった、というのもある。

さて、夜遅くなって、温泉には入れず。それは、まあいいや。来週また来るし。
Yさんご提案の「晩飯がRガーハット」、というのは流石に嫌なので、頑強に抵抗したら、最終的に次郎丸の広島風お好み焼きTABOに。ここは美味いので大満足。しかもオゴリ。

帰宅して練習の模様を撮影した動画をチェックしてたら、練習のときは結構いい気がしていた自分の演奏が殆ど気に入らないので、フレーズの作り直しと譜面の作成。もう、フレーズを暗記する時間はない。なかなか、上手くはいかないもんだ。しかし、納得行かなくても適当に合わせると言うナメたことは僕の性分にあわないので、納得行くまでフレーズを作り直す。
やっとできた。
やっと寝れる。

今日で全てが終わるさ
今日で全てが変わる
今日で全てが報われる
今日で全てが始まるさ
(「春夏秋冬」泉谷しげる より)


5/4
会場の野芥のMr.MAXは、横の広場がどんたく会場になっていて、おばちゃんの民謡とか日本舞踊の踊りが次々にステージで披露されている。
f0065630_21455782.jpg

そう、ちょうど、博多どんたく、なのである。
僕ら相当浮くやろうね~~と、CANDYのハル君と喋る。
とか言いつつ、僕は、Mr.MAXで相当買い物しまくったがww

順番が来て、本番。
f0065630_2146173.jpg
f0065630_21462812.jpg

全部で4曲あり、そのうちの後半の2曲に登場。
自分なりに練りに練ったフレーズも上手く行った!!
最後まで不安だったマッチングも、心配なかった。気持ちよくライブ出来た。
アンコールも来た。
CANDYは、CDが予想外に売れたらしい。
次のライブ依頼も入ったそうで、良かった良かった。

Yさんが、彼らと僕をジョイントさせた理由も理解できました。
こちらこそ、色々勉強になりました。

by ryosai160 | 2008-05-05 21:52