萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 31日

年末

25日
昼、郵便局に行くと、人が多くてゲンナリ。
ナンか疲れて、帰宅。地下鉄で寝込む。気が付いたら室見駅・・・で急いで降りる。
独りで静かに過ごしたい、という想いがふつふつ。

夜、ウチで、三味線の大石氏と演奏する新レパートリーの「ジ○ピター」のアレンジをする。パオで買ったフェアトレード珈琲と共に。
そればっかしてると煮詰まるので、合間に、スティーヴ・レイシーとかシドニー・ベシェを聴いて、来年は生音の魅力で演奏すべく誓う。今年より、エフェクターの割合を減らす予定です。
譜面を元に考え中なんだが、長3度のハーモニーが尺八と三味線で醸し出されるのか、ちょっと不安。4度は得意なんだけど・・・・
やってみないと分からない。

正直、脱力中。
この時期になると、来年の抱負も湧くんだけど、今年は湧かない。
今年は、とても濃ゆい年だった・・・・
心の中でガッツリ掴んだものは、デカい。
でも、脱力中。


26日
何となく過ごす。ただ、何となく。
昔はこういうのに罪悪感があったが・・・・今は、無い。
それは進歩だと思っている。逆に歩いているだけかも知れんがww

ヨドバシのタイムサービスなどを利用して、前から欲しかった320GのHDDを購入。バックアップを兼ねて、元のHDDからデータをコピーする。1時間掛かった。
ここ3年分の僕のライブのほぼ全記録(画像、音源ファイル、動画ファイル、メモなどの文書)がこのハコに収録されていると考えると、余計にかけがえの無いものである。

ローレン・コナーズを聴きながら夢見心地。
ここまで深くてまろやかなリバーヴに到達したい。

う~ん、今購入を検討しているエフェクターを購入すべきか否か、迷う。
もうちょっとイマジネイションを高めて、決めよう。


27日
今夜は西新の定食屋「ルプラ」で「3丁目の夕陽」を読んでメシを食った後、小田部の「ふくの湯」に行くという時々繰り返す何時ものパタンを繰り返した。で、バスで藤崎に出て地下鉄に乗って帰宅。

平和に生きる権利、という曲があるが、平和に生きるのはまさに権利であって、日常というヤツにどうしようもない違和感を持っていた頃と比べると、違和感自体は消えないけれどもそれに囚われなくなったように思い、それが一種の悟りであると思ったりする。

最近は、心に飢餓感を覚えていた頃に比べたらあれこれ本を読んだり音楽を聴いたりすることもない。そんなことで何かが変わるわけでもなく、変わるとすれば、ただひたすら、この「普通の生活」に生きること、にしかない。
何が普通か、という定義はめいめいで勝手にしたらいいこと。僕の定義は、「ささやかな行動」。
こんなことを思うのも、年末ならではか。

「今年出れそうだ」と、とある病院に入っている知り合いからメール。
話を聞いてあげる、しかない。
頑張って、なんて言えないし。頑張ってるのにどうしようもないんだから。

原のバス停から見た朧月が美しかった。
この間、なぜか「高瀬舟」の夢を見たが、その時に見た月だったような気もする・・・


28日
納会、寿司とビール。焼酎は飲まず。
地元のアメリカンカフェでブラウニーを食べようと思うも、満員。諦めて帰宅。珈琲と安売りのオレオで、来たばっかりの Paris Blues という、スティーブ・レイシーとギル・エヴァンスのDUOのCDを聴く。これには沢山の思い出が詰まっている。ナンかフリーとか即興とかに倦んでいたときに聴いて、ストレートな歌心に大変救われた記憶がある。初心に帰りたく、買ってみたが大正解。ちなみにヤフオクで1000円。

地下鉄の中で、夏にネットラジオで山本精一さんが、「僕は今、全部、依頼でライブをしてて自分の企画はやってへんのやけど、来るモン全部、僕のやりたいことなんで幸せですわ」って喋ってたのをフト思い出した。
不肖、僕RYOSAIもここ3年ぐらいは自主企画してないんだけど、来るもの拒まず・・・・と言う前に、どれも楽しく取り組めるので、何の不満も無い!!!非常にイイ感じだと思うと、恵まれてますナ~~~。
それはつまり、楽しく尺八を吹ける境地に近づいたということで・・・共演の皆様、お客さんが「楽しかった」と言ってくださるのが、一番嬉しい。
ま、それが無いと呼んでくれないんだろうし・・・・

季節は巡る。
その時の音を出せばいい。
アプローチとか、考えたことは無い。
「力と光の波のように」音を出したければ、そういう音を出す。
と、いうだけ。
airFX30番と、Echo Parkのテープエコーのsweepを組み合わせて。
でも、それをウチとかで「練習」したことは無い。

出るも八卦、出ないも八卦。

「正しい精神と呼吸で吹けば、音は出なくても構わない」
という、虚無僧尺八の師の言葉を胸に。


29日
天神で買い物して、リーダーideon君宅で|uniq"est|のミーティング。
ideon君もLOGIC導入して宅録できるようになって、音を出すメンバーの中で、いよいよ俺だけが「録音した音を自分で編集できない状態」になっちゃったwww
で、レコーディングした曲のmix会議であったのだが、メンバーで集まって話すのは、メールでヤリトリするだけよりも格段に話が早いしナゴヤカである。最後はこういうツラ突き合わせたヤリトリがモノをいう・・・ということか。ともあれ、アイデアを出し合いながら現状確認これからの予定など。結局僕はこれと言ってすること無くて、ピエール瀧状態??(苦笑)
ハッキリ言ってこのバンドの人たちは飲み込みが早いから、頓珍漢なヤツを相手にしているときのストレスが全くない。有難いことだ・・・それもあるが、ヤハリ、彼らのストレートな音楽への情熱と探究心が、居心地よい刺激なのだ。ヘンな言い方だが。
終わって、ideon君とツナパハ。途中で、こないだのヴォルトのイヴェントに来てくれていたIAFショップの方々と遭遇、褒められまくるww
ツナパハで青魚のココナッツ煮とメシ、そして、ココナッツのお酒。ideon君にスパイシーチキンを奢って貰う。いや~~辛かったけど美味かった・・・・ 時間の感覚が無くなった感じで、ズット喋り捲る。
帰宅は夜中。地元の駅に降り立ったら風がキツかった。


30日
天神と博多で買い物、センタービル前で三味線の大石氏に車で拾ってもらって、イオン伊都のスタジオへ。
課題曲「ジュ○ター」練習しまくる。
形になって、早速3日のライブに掛けることになりそう。
三味線と尺八の楽器の癖を思いっきり生かした、原曲とは似ても似つかぬモノになったww。 結局殆どユニゾンで演奏することに。でも、そのほうが倍音が出るんだな・・・・
練習終わって、近くの緑モスで3日の打ち合わせ。今年最後のモスか。あ、今日はハンバーガー尽くしだな・・・・www3月のライブの打ち合わせもやる。ちょっと新展開になりそう。

しかし課題曲はシンコペイションが多く、僕の中でリズムあやふやなので、帰宅して、メトロノームのフリーソフトをダウンロードして、譜面を見つつ唱歌。シンコペきっちりやらないと、フニャフニャの訳ワカラン演奏になっちゃうので、そういうところはきちんと納得いくまで把握する。
あと、ソロで「春の海」ちょっとやるので、お手本の演奏をネットで探してたら、なんと、川村泰山先生の演奏がwavでダウンロードできちゃった!!この曲は、誰でも知っている名曲中の名曲なので、緊張するナ・・・尺八吹きの永遠の課題曲とも言えるし。演奏家それぞれで、解釈に微妙な違いがあるのもこの曲ならでは。
それにしても、ネットでかなり便利になって、一寸した作業は格段に速く終わるようになって、有難いですネ。
純正調チューニング用の音叉のフリーソフトもあったし。

福岡市は夜中にごみ収集に来るのだが、今、車の音がしている。
本当にお疲れ様だ。

31日
掃除、整理整頓。
3日のライブの準備。

夜、近くの海に行く。
波が次から次に押し寄せてくる。

新年の抱負、なんて何も無い。

「一枚の紙の中に雲を見る」・・・・この言葉を悟りたい。

by ryosai160 | 2007-12-31 20:27
2007年 12月 23日

Charlie Patton

f0065630_21443112.jpg
の、ベストCDをタワレコで購入。
裏ジャケの、黒人のオッサンと少年が綿畑に居るセピア色の写真に痛く心惹かれるものがあった。 失われた風景。

この人のは、以前一寸だけ、BLUESのオムニバスで聴いた事があるが、大変端正であり奔放であり力強くもあるPLAYを、ジックリ聴いてみたいと思ってたので、買ってよかったと思う。

結構カントリーっぽいのもあり、ラグタイムぽいのもあり、非常に芸達者な感じ。
そして、まだまだ、奴隷時代からの「アフリカの記憶」が体に残っているのだろう、アフリカのにおいが凄くする。
コード、とかで割り切れない音の響きと、粘りのあるビートを感じるのである。

これは愛聴盤になりそうである。

by ryosai160 | 2007-12-23 21:43
2007年 12月 23日

2つのDUOを聴く

17日 深水郁(ピアノ)&谷本仰(ヴァイオリン) 中洲リバーサイド
f0065630_1475168.jpg

やっと実現したかの感のある組み合わせ。
お二人とも僕は共演を重ねているので、客観的に徹せ無いところもある。
が、非常に色んな可能性のあるDUOであったと思う。
「氷の魚」という深水さんのオリジナルでスタートした。この曲は僕も演奏したことがある。その時に、楽器と僕という人間の限界と相まって、こう出来たらいいナ~~という課題があった・・・・のだが、それが、ヴァイオリンという楽器と谷本仰という人間によって乗り越えられていた。これは、本当に自分のことのように嬉しかった。
人間誰にでも出来ることと出来ないことがあるが、「託す」というのはこういうことであろうか、大先輩である谷本さんにこういうのは失礼であるのは承知だが・・・・
「夕月」も非常に良かった。深水さんは、人の曲も自分の曲のように消化/昇華して、本番で華を開かせる才能が有ると思う。オリジナル曲の奥深さと相まって、この人は信頼できるミュージシャンであるといえる。
次は、2月5日に同じくリバーサイドにてあるとの事。


22日 楠田名保子(二胡)&秋元多恵子(ピアノ) 小倉ケイトミュージック
f0065630_148129.jpg

これも、聴きたかった組み合わせ。
古今東西の名曲を、非常に丁寧に練られたアレンジと巧みで華のある演奏で・・・という、オーソドックスかつ心に沁みるDUOであった。
1曲1曲に対する楠田さんの深い想いが伝わるMCを聞いてて、曲なんかナンでも良いみたいなことを言いたがる僕は、非常に反省。
今回は、グランドピアノではなく、足踏みオルガンみたいな小さなピアノで奏でられる音が、特には中国の楊琴のようでもあり、中国的な雰囲気が満載であった。しかし、時には不思議な和音で、ミステリアスな感じがした。タン・ドゥンが中国楽器のために作曲してアレンジした民謡風の小曲集を思い起こす。
庶民の恋愛とその哀歓を歌った「江河水」が特に心に来た。
大好きな「ホワイトクリスマス」も、ケイトさんの奏でる色んな色のフレーズが楽しかった。
そしてアンコールの「リベルタンゴ」。これは、ズ・ル・イ(笑)。

by ryosai160 | 2007-12-23 01:49
2007年 12月 18日

16日 『陰陽の音 尺八とピアノのライブ』 小倉ケイトミュージック

重松壮一郎さん=sosoさん、とのDUOは何時もながら、本質的なところで音のやり取りが出来るので、とても充実している。僕にとって、特別なライブである、といっても過言ではない。
彼は、どんどんピアニストの狭く縛られた枠から外れて、その音はまるでアイヌのトンコリやアフリカのコラのように、シンプルに奥深く響いていく。吟遊詩人の域に達している。そして、誤解を恐れずに言えば、真のアヴァンギャルドだと思う。
かたや僕はといえば、電子音を通じて尺八の音を宇宙的に拡大して、息そのものを「見える音」にしたいと思っている。真の変態である(笑)。
そんな「異端」な二人の出会いは、自分で言うのもなんだけど、心から思うので言うが、奇跡である。邂逅、とも言うべきか。滅多に無い事を続けて、もう、8回目になった。
f0065630_20223941.jpg
f0065630_20224639.jpg
f0065630_20225338.jpg
f0065630_2023040.jpg
f0065630_2023895.jpg

sosoさんとのDUOを始めた最初の頃は音を選んで演奏するようにしていたが、だんだん、自分の心から湧き出てくる音を演奏するように変化してきた。
「自然を表現する」という言葉に、ズット囚われていた。で、綺麗な音を出そうと心がけていた。しかし、考えれば考えるほど、演奏すればするほど、それは、「自分に立ち返る」ということとイコールだということを悟り、楽に音が出るようになった。楽に音が出て、そこから、という地点が見えてきて、僕も、これからのsosoさんとのDUOにやりがいを感じている。

お客さんが残念ながら少なかったが、年末は色々と行事があるので、その中で時間とお金を費やして来て頂いて本当に感謝。「うずめ劇場」の公演でご一緒したあやECOさんご夫妻が来られてて、特に懐かしく嬉しかった。
ケイトミュージックの暖かい雰囲気の中で楽しんで演奏できたのが良かった。 ケイトさんのような、自立した素敵な女性のいらっしゃるスペースで、自分たちの好きなように演奏させてもらって、本当に幸福であった。

中国尺八も初めてライブで吹いた。息の入れ方が日本の尺八と完全に違ってるので、気を使ったが、何とかなったww。
曲は、大事な、「あの曲」をやった。
そして、思わず、歌ってしまった。勿論、声を出して。歌わないと伝わらない、と思ったから。ヘタであるが、そんなのどうでも良かった。


ライブが終わり、小倉の街を一緒にテクテク歩いてボソボソ話して、別れ際に、sosoさんに「音楽をやり続けるのは大変ですよね・・・」と最近の実感を思わず言ったら、
「でも、喜びのほうが大きいから」
と。
うん、確かにそうだ。
「喜びのほうが大きいから」この言葉、今年一番の僕の心へのお歳暮だな。


彼が最近出した絵本付きCD「いるよ いるよ」を購入。大切に聴こうと思う。

by ryosai160 | 2007-12-18 20:24
2007年 12月 12日

8日 倉地久美夫&外山明DUOとジョイント at Chicago Club Night #19 (天神VOLT STUDIO)

f0065630_20484692.jpg


倉地さんに当日のリハの後、お誘いを受けて、「鉄塔」を共演。
この曲、思い出の一杯有る大好きな曲です。

凄く凄く「ヘン」なアンサンブル。
外山さんのビート、良い意味で分かんねぇえ~~ww
倉地さんのコード、やっぱり、謎でしたwww

「RYOSAI君も思いっきりヘンだよ!!」って倉地さんに言われちゃいましたが・・・・

とても刺激的で素晴らしい時間でした!!

by ryosai160 | 2007-12-12 20:50
2007年 12月 12日

8日 |Uniq"est| at Chicago Club Night #19 (天神VOLT STUDIO)

f0065630_2036128.jpg
f0065630_2036233.jpg
f0065630_20363568.jpg
f0065630_20364860.jpg
f0065630_20365759.jpg
f0065630_20371387.jpg
f0065630_20372734.jpg
f0065630_20373693.jpg


by ryosai160 | 2007-12-12 20:38
2007年 12月 11日

ミズノイロ

今日はデガダンデラックスに、福岡のロックバンド・ミズノイロの今年最後のライブを見に行った。
かなり押してて、「天神ゆの華」でひとっ風呂浴びてもまだまだ時間が有った。ちなみに晩飯はツナパハのスリランカカリーであったが。

今日はPAの音が良かった。
ミズノイロのライブで、心が洗われた。
幸せな表情で、音とアンサンブルの渦に飲み込まれつつもその光にダイレクトに向かう彼らを見ていると、こっちまで幸せ気分になってくる。

音のバランスも良く、良いライブだった。アンサンブル的には完璧に近いバンドだと思う。メンバーそれぞれに華があるし。
ロックの良さ、というのは、僕にとっては「デカイ音の中に無数にある繊細さ」なんだが、PAで幾らでもデカくなる音の中で、聴き疲れしない音を出すというのも、また、熟練が要るもんだナと思う。
ビブレでワンマン、とかで見てみたい。本当はアンコールしたい気持ちで一杯だったが、電車の関係もあり、帰宅。
ニュー音源、切に望む。

このバンドは今年の初頭のイヴェントで偶然見てグイグイ惹きつけられて、それから5回ぐらいは見たのかな。
福岡のバンドを見たいと言う方には強力にオススメします!!

by ryosai160 | 2007-12-11 23:50
2007年 12月 07日

ZAZEN BOYS

のライブを見に天神DRUM LOGOS行ってきました。

東京のマツリスタジオの雰囲気をそのまんま持ってきた感じで、大変濃密な演奏。
ヴォーカル・ギターの向井秀徳氏のパフォーマンスは浪曲琵琶法師みたいで、バンド自体も掛け声と気合の飛び交う、ロックバンドと言うより和太鼓の合奏団のような、逆説的に「和」を感じるものであった。
ガッツリ、という言葉そのまんま、アンコールも20分ぐらいやってた。
サービス精神というのかトコトンやるというのか、流石としかいいようがない。
ベースとドラムは野獣系(失礼)、ギターの方の洗練されたエフェクトワーク(どこか高中正義チックであった)と見所は一杯有って、4人でここまで出来るのかという驚きを禁じえなかった。
変拍子もビシバシ決めて、インプロも緊張感があって、しかし、グルーヴとパワーは十分にある。ノセるところと聴かせるところをキチンと弁えた構成。
向井氏はよく、鍋を作って食う話を日記に書いておられるが、その鍋のように、良い素材を手早く、しかもコク深く仕上げる手腕は凄い。勉強になった。
お客さんに対して紳士的で丁寧なステージングも好感の持てるものだった。
最前列に陣取っている10代のキッズを思しき少年少女、そして、後ろの方にオッサン世代の人たち(僕もその一人)。年齢層や客層が幅広いのが印象的だった。

しかし、このハコは、音がどうも好きになれない。
バスドラがハラにズドズド来るので、ちょっと気分が悪くなった。
ベースの音も抜けないし。
ボーカル小さいし。
以前、TORTOISE見に来たときに感じたことを今日も感じちゃった。
もうちょっとフラットな音の会場で聴いて見たい、と思っちゃった。

でも、Tシャツ買っちゃったけどね。

by ryosai160 | 2007-12-07 23:59
2007年 12月 05日

天神日記~生方ノリタカ&山崎コウザン

天神で晩飯を食うと言うことで、妙にラーメン食いたくなってスーラータン麺と餃子の美味い長浜公園近くのお店に行ったら、全く別のお店に変わっててショック。で、近くの初めて入るラーメン屋Gに入った。

ワンタンメン・大盛り・煮卵・・・・・
全てが裏目に出た。
まるで納税義務のように機械的に麺を啜り、アブラの咽喉越しに違和感覚えつつコクの無い汁を途中まで呑み、こういうときに限って食っても食っても減らないというまるでシジフォスの神話のような徒労感を覚えつつも食って金を払い(高かった・・・)お店を後にした。
もう多分、二度と来ないだろう。

閑話休題。


屋根裏獏にて、テルミンの生方ノリタカさんと、尺八の山崎コウザンさんのジョイントライブを見る。
f0065630_17383744.jpg

生方さんのソロは、パソコンで音源を鳴らしつつテルミンを弾くというスタイルで、モンドというかエキゾというか80年代というか、何か懐かしい感じがした。雰囲気的に、アメリカ西海岸の実験音楽のような感じで、「重くない実験音楽」というのか、カール・ストーン的な音の戯れのようなライトな触感が面白かった。クリムゾンのREDを演奏したり、ハリー・パーチについて言及したり、自由な感じの方でした。
山崎さんとのジョイントでは、尺八の質感が十二分に生かされていた。昔、ピアニストの重松さんが「尺八は、伸ばした音自体が十分に音楽になっている。フルートではなかなかこうはいかない」と言っていたのを思い出した。音量的にはテルミンが大きいけど、その中で、質感の存在感で、満足の行く音楽になっていた。昔、岡山の山奥で聴いた電子音楽のリチャード・タイテルバウムと尺八の横山勝也師のDUOをちょっと思い出した。

色々考えさせられつつも、CDも購入して会場を去る。

by ryosai160 | 2007-12-05 23:37
2007年 12月 03日

金波楼(きんぱろう)

八代の日奈久(ひなぐ)温泉にある老舗旅館。
建物自体が重要文化財との事。
温泉も素晴らしかった。
料理も美味かった。名物の竹輪(原材料はハモとの事)を焼いて食った。刺身が格別。
また、行きたい。
f0065630_2342135.jpg
f0065630_2343534.jpg
f0065630_2345784.jpg
f0065630_23568.jpg
f0065630_2351784.jpg


by ryosai160 | 2007-12-03 23:07