萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 29日

25日 『AZAMI遥かなる風チャリティーコンサート』

というコンサートが住吉神社の能楽堂であって、それに出演。
AZAMIさんという屋久島出身のシンガーと、ニューミュージックの数々のアーティストのアレンジやアニメのサントラなどを手がけられているシンセサイザーの浦田恵司さんのお二人を中心に、福岡からは、筑前琵琶の寺田蝶美さん、ジャンベのアジ君、ダンスのマニシアさん、そして僕、という編成。
f0065630_21354197.jpg

壮大なヒーリングサウンドに、個性豊かな生の民族楽器が絡んで、異空間のサウンドドスケープが能楽堂の由緒ある空間に現出・・・といっても過言ではないコンサートであったと思う。
f0065630_2136646.jpg

照明音響もプロの方々による的確かつゴージャスなもので、こういう中で、尺八を吹いて時間を過ごせたのは、大変に幸せだったし、今でもその残り香をウットリと思い起こしている状態である。
f0065630_21363177.jpg


この能楽堂は以前から出てみたかったところ。
舞台は白足袋着用でないとダメという格式を重んじた感じであるが、古謝美佐子さんや友部正人さんなども出演されている、福岡でも数少ない魅力的なステージである。
地下には沢山の甕が埋め込まれている。これは音響上の工夫で、昔の人の知恵に感心させられる。
f0065630_12385674.jpg

所謂裏方の方々も皆さん、とても素敵な方々で、楽屋入りから撤収までを良い気持ちで過ごさせていただいた。
空き時間での楽屋での色んな会話もかけがえの無いものだった。
色々な個性的な方と知り合えた。

浦田さんは、流石にプロの世界のど真ん中に身を置いて長年活躍されている(井上陽水・中島みゆき・泉谷しげる等々、僕が中高生の頃に夢中になったニューミュージックのアーティストとは殆ど仕事をされているし友人である。僕のフェイバリットアルバムのひとつ、ユーミンの『水の中のASIAへ』のアレンジも担当されているとご本人から聞いて、僕のアドレナリンは一気にアップしたww)だけあって、メンバー一人一人への理解と音への的確な指示と人間的な包容力が並ではなく(勿論、テクノロジーを駆使したキーボードのシステムとそれに埋もれない瞬発力のある演奏にも心打たれた)、実は、リハも大して時間が取れなかったんだが、そういうことが気にならないぐらい安心感のある状態で本番に臨むことが出来た。

昔からの知己のように、皆で演奏できた。
実は、アジ君以外は共演経験が全く無かったのだが。寺田さんの凛とした声と撥捌き、マニシアさんの神秘的なダンス、アジ君の喜びの音がそのまま伝わるジャンベ・パーカッション・・・ご一緒できて幸甚の一言。

レヴェルの高いことって、本当に気持ちが良い。

そしてAZAMIさんの歌が踊りが、本当に素晴らしかった。
完全に或る揺ぎ無い世界のイメージを持って、それを余すところ無く伝えるパーフェクトなシンガーだと思う。
僕はその世界を理解できているかは覚束ないが、音で共有できて伝えうることはあると確信している。
だから、音の世界は豊かだし、まだまだ可能性に満ちているんだと思う。

僕はジャンルがどうこうとか言う気持ちはないし、そこまで色々知っているわけでもない。
その音の世界に入り込んで生きることが出来るか、それしか望んでいない。
音楽という国で。
そこには王様はいない。いるとしたら、住人一人一人である。

by ryosai160 | 2007-05-29 21:47
2007年 05月 29日

25日 "JIGSAW vol3"

天神のデガダンデラックスにてイヴェントがあり、|uniq"est|で出演。
JIGSAWという六弦琴さん(世界中で活躍する前衛系ギタリスト)主催のイヴェント。
さすがにエレクトロニカ系というのか、そういう傾向の電子音響系のグループばかりであった。デビット・トゥープが確か、「電子音と言うベンゼン核で全てのジャンルの音を侵食し、ただ『音に浸る』という行為だけが残される」という意味のことを言っていたように記憶するが、それが実感できるような内容。
それプラス、ヴィジュアルを伴うグループも多かった。僕達|uniq"est|もそうだったのだが、ややもすると抽象的になりがちなこの種の音に視覚的なイメージを絡め「化学反応」を・・・と言うのは上手い方法だと思う。

色々と興味深い音を聴けた。
電子音そのもので、生き生きとしたリアリティがある。

僕も、「楽器をエフェクターのトリガーにする」というコンセプトで「演奏」するように認識を変化させようと|uniq"est|で試みているが、olologioの六弦琴さんはそれを徹底させている感じがした。
f0065630_21104185.jpg

heirakuGさんも音に精神性を感じて大変良かった。
f0065630_2111681.jpg

所謂バンド形式なのは僕達のみ。
hide君のVJと僕達の音はバッチシ波長が合っていて、非常に気持ちよかった。
エレクトロニカの質感にグッと急接近した新曲も、浮いた感じも無く自然に演奏。
f0065630_14125313.jpg

デカダンの音はどっちかというとクラブ系の音響なんで、感覚をつかむのにちょっと時間が掛かったが、つかんだら、なかなか快適であった。ドンシャリ気味の音はトリップしやすいなと思った。

イヴェントは予想したとおり押して、なんだかんだしてたら案の定終電を逃す。
というわけで天神ナイトをエンジョイww
総裁と中国麺のお店に行って、あんかけソバを食う。ハッキリ言って北京で食うのより美味いwwコクがある。
その後、「ぶあいそ」で|uniq"est|メンバー4人で、朝の5時まで過ごす。この4人で飲むのなんて超久々なんで、色んな話に花が咲く。安心して酒を飲み、馬鹿話をする。たのしかった。
ていうか、僕の始電まで付き合ってくれてありがとう。
f0065630_21124332.jpg

ちなみに、デガダンの傍のたこ焼き屋は、塩たこ焼きがオススメである。ここのは美味い。
こんどは焼き鳥を食ってみたい。
あ、次は来月デガダンでドグラマグラとジョイントなんで、そのときにww

by ryosai160 | 2007-05-29 21:12
2007年 05月 26日

散歩

良い天気なので自転車でお決まりのコースを。
f0065630_2149993.jpg

帰りに愛宕神社に寄ってみた。
実は初めて。小さい頃に来たことがあるかもだが、自分で来たのは。
小高いところにあるので、階段をセッセと登り、中腹に出る。
そこに在る良い感じの茶店の座敷でで休息。
ここは良い。
葉擦れの音を聞き、夕陽の光を眺めながらユックリすると、イメージがわいて来る。
f0065630_21494576.jpg

帰りの道すがら、実に印象的な雲に出逢う。
f0065630_2152555.jpg


by ryosai160 | 2007-05-26 21:48
2007年 05月 24日

古い街

f0065630_20551955.jpg

f0065630_20553353.jpg

f0065630_20555396.jpg

f0065630_2056827.jpg

f0065630_20562716.jpg

f0065630_20564291.jpg


*4枚目の撮影・居森さん・謝謝!*

by ryosai160 | 2007-05-24 20:56
2007年 05月 23日

古い村

f0065630_21213883.jpg
f0065630_212266.jpg
f0065630_21223271.jpg
f0065630_21224585.jpg
f0065630_21225132.jpg


by ryosai160 | 2007-05-23 21:23
2007年 05月 23日

19日 中国・アトリエシャオトンでの「ウパシクマ」ライブ

北京市郊外のMOON RIVERという新興リゾート地の中に、「アトリエシャオトン」という美術ギャラリーが出来て、その杮落としライブということで、何時もお世話になっている広島OTIS!マスター佐伯さんが招聘されたのに同行して、初の中国ライブと相成った。
f0065630_20465835.jpg

出発直前まで詳細が全く知らされず、こうなりゃ観光を目一杯楽しむか!てな気分でいたのだが・・・・このギャラリーのイヴェントには日中韓から200人あまりの関係者が集まるということで、俄然テンションが上がる(笑)。
それに、ギャラリーでのライブはオモシロそうだ。
ま、実際、オモシロかったのだが。
f0065630_20471676.jpg

f0065630_20472953.jpg

f0065630_2161120.jpg

f0065630_21513639.jpg

(撮影・居森さん)

f0065630_2316238.jpg
f0065630_23161156.jpg

(撮影・大塚浩平さん)

佐伯さんがずっと組んで仕事しておられるアニメーション作家の相原信宏さんのアニメをバックに、佐伯&居森、そして僕の「ウパシクマ」で色んな楽器を使って即興をする。PAが無いのですべて生音。でもそれが反って良かった。空間と音の強弱や濃淡がハッキリしてて、気持ちよかった。適度な響きもあったし。
前日に楽器屋で仕入れた笛やカネも使ったりして、何時もよりもはじけた感じで、音と遊びを楽しんだ、って風情。
見物の人もとても多かったそうだ(僕は客席には背を向けていたのでよく分からなかったが)
気が付けば、1時間近く演奏。
相原さんのアニメは抽象的で、でもリアルで、画面が生きているようだった。相原さんご本人もとてもファンキーでサイケな方だ。「とてもよかった」と言って下さって嬉しかった。
名古屋から来られていた大塚さんと言う方が、「わざわざ此処まで来た甲斐がありました、感動しました」と言ってくださって、僕も「どうしようか迷ったときもあったけど、此処に来て本当に良かったな」と思えた。

その後、野外ステージ周辺にてパーティーが。
f0065630_20534724.jpg

f0065630_20545394.jpg

そこでも演奏。こんどは、佐伯さんのウード、居森さんの歌、僕の電気尺八で I remember youとムワーシャをしっとりと演奏。新調した変圧器に何時もの機材を繋げて、何時ものヤツを。しかし、電圧の関係でテープエコー系の掛かり方がチト違う感じだったが、それもヨシとして。
居森さんの歌(素朴で力強くて渋くて好きな感じだった)と僕の尺八の音が溶け合わさって、その「地」の上に織物のように佐伯さんの音が綴られる。夜の闇の中で、位相の不思議なアンサンブルが出来て、サイケな気持ちになった。僕としては会心であった。
佐伯さんが曲に仕掛けを施されたのも大きい。音階を自由にさまようことが出来た。オーネット・コールマンの言う「トーナリティ」とはこの事か、とも思った。凄いなやっぱり佐伯さんは。
ウパシクマでの演奏は短いことが多いけど、それで充分なものが何時もある。今回もそうだった。
f0065630_2143497.jpg

(撮影・大塚浩平さん)

他に、DJや民族舞踊の方々も出演。
良い人たちだった。民族舞踊はとてもレヴェルが高かった。中国民族大学、という学校の方たちらしい。
DJは昔懐かしいノンビリしたトリップホップなテイスト。良い感じだった。
周辺機材も一寸昔のだったが、iBookを使っていた。多分、そう持っている人は居ないと思う。(目抜き通りのワンフーチンでもiPodは見かけなかったし・・・・)
f0065630_218162.jpg

f0065630_205524100.jpg


僕達は、どう受け止められたのか、それは一寸気になったが。
何処にも属さない音楽。


にぎやかな会場のすぐ傍には大きな川があった。
川原に下りてみる。
夕陽が美しい。
f0065630_20585596.jpg

あの向こうには、ネパールが、チベットが在る。ここからでも歩いて行ける、とおもうと、大陸の広大さに一寸眩暈がした。

大地。
何度も心で呟く。
大地の中から人間が声を上げるときに音楽が生まれる。
そんな一節があった気がする。

by ryosai160 | 2007-05-23 21:04
2007年 05月 08日

GW日記 その3 ふかみあや『みみで見た風景』に出演

5/5 東区の箱崎にOPENした、『もも庵』にて、ふかみあやさんの個展とライブ『みみで見た風景』という杮落としイヴェントがあり、ウッドベースのavanさんと共に出演させていただく。彼とは初共演であるが、ぜんぜんそんな気はしなかった。
ふかみさんの絵に囲まれて、ももちゃんや庵ちゃんをはじめ、可愛い子供達が最前列の小さい椅子に大人しく座って聴いてくれている。何とも心浮き立つ。
f0065630_21314878.jpg

f0065630_2132789.jpg

昼と夜の2部構成で、曲も一緒。
しかし、殆ど決め事の無い中で、インドの音楽のように即興で展開したので、ぜんぜん違うものになったし、案の定、長くなった(笑)。(このライブ写真はteteさんご提供です。ありがとうございます)
f0065630_21311885.jpg


今年最初に、ライブで汗をかいた。
早や季節は夏に向かっている。
箱崎宮の木々の緑に心が喜ぶ。
昔住んでいた頃と変わらない街の佇まいに安心する。
f0065630_21324292.jpg

そして、もも庵はとても素敵な場所。
嫌な所は何回やっても嫌だけど、ここは一回で気に入った。
杮落としとは、本当に良いめぐり合わせであった。

ライブはたのしかった。
曲と言うことを意識せずにやれたのが、インド音楽のようで、それだけで嬉しい。
ふかみさんとavanさんと、ひとつのRAGAを共に、と言う感じであった。
昼のRAGAと、夜のRAGA。
音を呼吸する感覚。

コッチがたのしければアッチもたのしい。
簡単なことじゃないか。

その時その場で楽しみ方は無限大だけど、これで良かったのだと今でも思っている。

by ryosai160 | 2007-05-08 21:35
2007年 05月 08日

GW日記 その2 『タンゴの節句』

5/4 トリオ・ロス・ファンダンゴスの『タンゴの節句』を見に、ふくふくホールと言う大濠公園近くのホールに行く。毎年福岡市内はアクロス円形ホールで公演なのであるが・・・・会場が変わると言うのも興味のあるところである。
さて、思ったとおりの、普通のホールであった(笑)。

ダンスのケンジ&リリアナさんのダンスが、最初のほうは、ほぼ横一列の動きしか出来なくて一寸乗り切れていない感は正直あったし、ファンダンゴスの演奏もクラシックのコンサートに来たような一寸ぎこちない感じはあった。
しかし、段々とご自分達のペースを摑み、立体的なパフォーマンスになってきた。
照明がとてもよかった。
そして、空間は福岡県福岡市中央区を離れて幻想的なブエノスアイレスのダンスホールになり、僕は暗闇の中で思う存分カラフルな妄想に浸った。


タンゴと言うのは、アンサンブルのようで居て、通常の

A(メインのメロとか)
Aの対位法
Aのベース

と言う構成(演奏者が3人居るとして)ではなくて

3つ(3人)のAと非A

が同時に絡み合う、ややこしい音楽なんやナということを思った。

アンサンブルが、ある構造体をバラして有機的に再構成したものだとすると、タンゴでは、構造体がホロン構造になっているといっても良いかもしれない。
部分と全体が入れ子になっているというのが単純な認識。

このことは音楽の構造を認識するのに良いチャンスなので、もうちょっと深く考察するつもりである。
まだちゃんと言葉になってないし。


それにしても、完熟の素晴らしいステージだったな・・・・
「え、もう終わっちゃったの?」って感じだった。

by ryosai160 | 2007-05-08 21:23
2007年 05月 08日

GW日記 その1 有田陶器市

5/3 有田陶器市に行く。
知り合いの陶芸家・比古太呂さんが出店されていると言うことで、直接作品購入のチャンス!ということで。
f0065630_218198.jpg

f0065630_2181569.jpg

表通りから一寸奥まって所に在るそのお店は、テント形式であり、比古さんは三度笠を被っておられ、まるでベトナムのサウンドシステムのような雰囲気であったが・・・・iPodからSON HOUSEやキヨシローやYMOやそれにグループ魂も、かナ? ・・・・が絶え間なく流れているという素敵な空間で。
作品は色々勿論ありましたが、全てを買い占めるわけにも行かず・・・・

2点を購入させていただいた。

やった。

記念撮影も。

そして、共通の導師である、S伯M啓師の話題に花咲きまくり。

とあるところで賞を取ったと言う陶器製のジャンベ・比古ンベと同じく陶器製のダルブッカも当然、演奏していただいた。
エエ音や!!!!

早速帰宅して自慢する。
比古さんとイラストレーターの方とのコラボ作のトンボと花をあしらってあるカップは、焼き物棚に飾る。ここ一番のときに使わせていただく。
もうひとつの、底に魚の描いてあってお酒や水を入れるとユラユラと魚が揺れるという趣向の碗は、愛用する。
f0065630_218384.jpg


by ryosai160 | 2007-05-08 21:09