萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 26日

晩秋

f0065630_14165314.jpg
f0065630_1417895.jpg
f0065630_14172325.jpg
f0065630_14173589.jpg
f0065630_14174768.jpg


by ryosai160 | 2006-11-26 23:59
2006年 11月 25日

25日 different sound of freezone 

昨日は夜勤。
帰りの電車で朦朧とした意識のまんまiPodでボアダムズのvision、 creation、 new sun を聴いたら、耳と脳みそが変梃りんにキマりまくった。このまんまの気持ちで今日は行こうと思った。
ウチで4時間ぐらい寝て、ヤフオクで1000円で落としたジャケットを着て、昼過ぎに会場の赤坂STAFFに行ってリハと本番でした。 流石にキツイ。
リハの最中に演奏しながらチョッと意識が無くなった・・・ 寝てましたww

f0065630_135339.jpg


different sound of freezone という、|uniq"est|のリーダーのid eon君と、東京でキテレツというバンドをやっている中野ようすけ君の共同主催のイヴェント。彼らは岡山で音楽活動をしていたので、全体的に岡山色が強かったように思う。岡山は色んないいバンドを輩出しているところなので、彼らもその系統を受け継いでいると言っていいかもしれない。

お客さんも入って、充実の内容で非常にイイ雰囲気の中終了。

f0065630_13525195.jpg


僕たち|uniq"est|はトリだったが、あたたかく、アツい反応があった。
その時その時で有機的になれるバンド。何処の誰の真似でもパクリでも追従でもない、自分たちの音。そして、バンドとしての一体感がある「何をやってもいい」信頼関係。
ide on君と出逢って一年。色々と試行錯誤しながら、いまの形になった。

一年は早く、そして短い。

対バン

五音不全:イイ感じの今時のROCK
f0065630_1683469.jpg

のこりもの:ECM系風であるが素朴な風味がよろしい
f0065630_1691396.jpg

Mormo Plug(from岡山):うさぎROCK!
f0065630_1695178.jpg

kmmr:ずるいほど叙情的
f0065630_16101430.jpg

キテレツ(from東京):ROCKのアナーキズムを集約したような濃い演奏
f0065630_16104446.jpg

DJ(笑):グルメな選曲
f0065630_1611723.jpg


by ryosai160 | 2006-11-25 23:59
2006年 11月 23日

灰谷健次郎先生のご冥福を祈ります

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061123-00000502-yom-soci
「兎の目」「太陽の子」など名作を書かれていた。
思春期の愛読書であったし、いつも傍らに作品を置いていた。人生を知らない子供にとって、「ただのオッサン」として「生きる」ことを言葉を通して親身に教えてくれた方でもあった。
思春期を神戸近辺で過ごしたこともあって、作品の舞台にとても親近感があった。

・・・・ちょっと、胸が詰まって書ききれない。


夜は|uniq"est|の練習。
久しぶりにBOSSの赤いループマシンを使ってみる。これは、呆けすとらetcのリーダーである怪人ヴァイオリン弾き・僕の師である谷本さんのアドバイスで数年前購入したもの。
バンドサウンドの中にちょっとハーモニーがほしい部分があったので物置から引っ張り出してみた。なかなか新鮮であった。
ビートを作ってソノうえにフレーズを載せるという使い方は僕の場合ちょっと難しいので、隠し味的に使うような感じである。
で、明日本番なので通しリハしたのだが、アフリカ的な要素が随所に出てきていて単なる「音響派好き」なサウンドからは離れてきている気がした。僕の場合のアフリカ的、とは、ピグミーのアンサンブルのことをイメージに置いているのだが。後、アジア的な密林のような雰囲気もあって、ボギー君のいうオリエンタルなポストロック、というのも当たっている気がする。本番ではまた変化するんだろうが、自分の中であんまり練習と本番の区別が無いので、どっちでもイイがww

by ryosai160 | 2006-11-23 23:59
2006年 11月 21日

博多駅のトイレにて

ちょっとギョッとしました。

f0065630_13352240.jpg


by ryosai160 | 2006-11-21 20:30
2006年 11月 20日

19日 ヨコチンロックフェスティバル!!

朝、玖珠のログハウスから、夜明薬湯温泉に。とてもトロトロのお湯で、痛かった肩が楽になる。
吉井町の風情のあるお店で昼食。

福岡に帰って、馴染みの親不孝・ゴンスタジオで呆けすとらのリハ。
今日はヨコチンロックフェスティバルという、昼の2時から夜中までという超大型イヴェントに出演なのである。というわけで、リハにも力が入る。僕はエフェクターは止めて、生音のみにする。前日の九大では|uniq"est|でバリバリ使いまくったけれど、呆けすとらではもともと使ってなかったし、出演時間も短いし、セッティングが面倒だしwで。それに、呆けすとらでは「音の力」を求められるので、裸一貫勝負!と言う気持ちもちょっとはある。ま、状況にも拠るが・・・
リハ段階からいいグルーブが出てて本番が楽しみ。
といっても、リハ終わって、ドラムの白川氏とタリーズでちょっとお茶して会場のVoodooLoungeに戻ってみると、僕たちの前のバンドであるnontroppoが凄いことになっていた。リーダーのボギー君が実はフェスの主催者でもあるのだが、ギンギンの楽天パワーで会場が盛り上がりまくってて、次に俺たち大丈夫なんやろか?とチト不安になった・・

ま、出番が来たら、演奏前の何時もの高揚感に始まって、後は、もう夢中で吹きまくる、という何時ものパターンであるんだが。
f0065630_1382673.jpg


僕は、なんか、サン・ラみたいだったらしい(笑)NYのハーレムで購入した帽子と衣装を着る。

f0065630_13172429.jpg


途中で、バスクラのみゅうさんとの掛け合いもやって、脱力感のある演奏を心がけたが。
みゅうさんは即興を主体に精進されている方で、創意ある凄いフレーズで応酬してくるので、些か焦る。が、楽しかった!!
全体的に押し捲るプレイなので、それに呼応して、いや~~~アツいクラウドでしたね!!!
僕は何時もは静か目の演奏が多いので、こういうノリノリのステージもたまにはイイ。
盛り上がりのうちに終了。良かった良かった。

次の出演が噂のポッコリなので、ちょっと見て帰ろうか・・・・と思ったのだが・・・・思わず踊りまくりました。素晴らしいパワーとエネルギーのあるパフォーマンスでした。むかしの山塚アイを髣髴とさせるアナーキーなパワーが快感でした。

ので、また、体が痛い・・・・せっかく温泉に浸かったのにww。


僕は、つくづく、踊る阿呆で居たい人間かも知れん。

by ryosai160 | 2006-11-20 23:59
2006年 11月 20日

玖珠にて

f0065630_2217732.jpg
f0065630_22171524.jpg
f0065630_22172112.jpg
f0065630_22172715.jpg
f0065630_22173454.jpg
f0065630_22174095.jpg
f0065630_22174910.jpg
f0065630_22175994.jpg
f0065630_22181114.jpg
f0065630_22181921.jpg
f0065630_22182697.jpg
f0065630_22183351.jpg


by ryosai160 | 2006-11-20 22:19
2006年 11月 20日

九州大学の|uniq"est|

18日 at六本松キャンパス

学園祭に呼ばれて演奏。
ここは主に教養部であるが統合移転でいずれは無くなる。
僕の居た大学も在学中に移転したので、なんとなく妙な親近感を覚える。
f0065630_21551850.jpg

f0065630_21553736.jpg
f0065630_21554820.jpg
f0065630_21561816.jpg


メンバーと模擬店をウロウロしてカレーや焼き鳥、クレープなど。
安くて美味い。
流石に酒はセーブ。

前の方でパチパチと写真を撮っていた人やユラユラしている人たちの前で30分ぐらい演奏。
会場が講義室なんで、流石に正直、音はキビしかったが、でもまあいいやと思わせるものがあった。それがカルチャーと言うヤツかもしれん。
自分も学園祭経験者なので、企画してくれた学生さんたちの気持ちは多々、分かる。

何かを真剣に生み出そうとしているエナジーを感じてもらえれば、と思った。

音楽鑑賞会のお招き。
どうもありがとうございました。


f0065630_21592299.jpg
f0065630_21593330.jpg


まあでも、基本は学生ノリで(笑)。
(ちなみに一番左の人はメンバーではありませんww)

f0065630_2201595.jpg


by ryosai160 | 2006-11-20 22:05
2006年 11月 17日

稽古の夢は夜ひらく

テナ訳で、行ってきましたTOBATAは夜宮青少年センター。
f0065630_22592540.jpg

「うずめ劇場」の2月の公演の稽古&ミーティング。 僕は初参加。
f0065630_22594284.jpg


稽古を見ながら、焦る。
俺、何をしたらいいんやろか??

でも楽しかった。いいものが出来ると言う予感。


やっぱり、堅パンとくろがね羊羹買っちゃった☆
黒崎駅で急いで買い食いしたカシワおにぎりも油ギッシュでマシッソヨであった。

忙しくて幸せだ。
と、帰りの車窓でシミジミ。
f0065630_230047.jpg


by ryosai160 | 2006-11-17 23:59
2006年 11月 14日

11・12 ライブ「空(くう)をつかむ」を終えて

去年の暮れに、ふかみあやさんと会って、ライブの日取りを決めたのが思い出される。
f0065630_22563922.jpg

そのときは、11月にライブなんてまだまだ先の話だな~とノンビリ思ってたけど、終わってみるとその間・約1年の間の、様々な凝縮された思い出が蘇ってくる。
生活のこと、音楽のこと、・・・・色んな環境が凄く変化した時期を跨いでここまでやってきてみると、そこには「空(くう)」がある。
全ては過ぎていって止まる事が無い。
過ぎてしまえばそこには・・・・・

と言うわけで、僕は「空をつかむ」ことが出来たのだった。やった!!

来て下さったお客さん。
支えてくれた人たち。
もうこの世には居ないけど僕の心の中で生き続けている先輩・師。
ステキな場所。

僕が尺八を吹き続けられること。
音への愛と情熱を中心にした心の灯が消えないこと。

全てに感謝して。

f0065630_22571477.jpg

ふかみさんとスウェインさんとステージに立って、そこに「過ごされるべき場」が現出した、としか言いようが無い。
あとの言葉は不要である。僕には。

終わって、語らって、凹んで、食って、飲んで、酔って、笑って、眠って。
何時もの僕の一日の生活の終わり。
f0065630_22583232.jpg


by ryosai160 | 2006-11-14 23:05
2006年 11月 11日

百道浜~愛宕~小戸

f0065630_22484477.jpg
f0065630_22485391.jpg
f0065630_224908.jpg
f0065630_224976.jpg


非常に風のきつい日だった。海沿いの道を自転車で走っていると波と風が荒々しく、飛ばされそうになる。

その合間に撮影。

何でこういう写真を撮ったのか自分でもよく分かっていないが、カメラを向けること自体に意味があるのだろうと思う。

by ryosai160 | 2006-11-11 22:51