萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:performance/live ( 14 )


2016年 10月 15日

船迫窯跡コンサート2016『津軽三味線と尺八』

に、出演します。
詳細は以下の通りです。

日時:11月12日(土)

開演:午後5時(会場は午後4時半)

場所:船迫窯跡公園古代復元工房建物(福岡県築上町大字船迫1342-22) *下の写真の左側の建物
f0065630_1332940.jpg


出演:大石秀治(津軽三味線)、萬坊(尺八) *下の写真は前回演奏時のもの
f0065630_13323945.jpg


本格的な津軽民謡から意外なアノ曲まで、いろいろ取り揃えて演奏します。
なお、会場には音響・照明設備はありません。生の音をお楽しみいただけます。
純粋な野外コンサートになりますので、防寒対策はシッカリした上でご来場ください。

お問い合わせは、下記までお願いいたします。
船迫窯跡公園 (月曜休館)
〒829-0106 福岡県築上郡築上町大字船迫1342—22
TEL:0930-52-3771 (FAX兼用)
お問い合わせフォーム

by ryosai160 | 2016-10-15 13:42 | performance/live
2015年 06月 21日

久しぶりにライブ出演します

7月11日(土)に、佐世保市の「くっけん広場」にてライブ出演します。
佐世保在住の陶芸家・ダラブッカ奏者の田中隆比古さんの企画です。

ウード奏者の常味裕司さん(アラブ音楽の第一人者・NHK大河ドラマ『龍馬伝』音楽担当等)と田中さんと僕の3人による音楽と、ベリーダンスのダンサーの方々によるアラブ色の濃いひとときになりそうです。

尺八独奏とアラブ音楽のアンサンブルで出演します。
楽しいライヴとなりそうです。

詳細はフライヤーにて。
お越しください。
f0065630_219924.jpg


by ryosai160 | 2015-06-21 21:00 | performance/live
2012年 05月 12日

旅先で「諏訪内晶子・燦めく室内楽」を聴く

一人旅がたまにしたくなる。
で、宮崎に行ってみた。宮崎は阿蘇経由で高千穂ぐらいしか行ったことが無く、市内は仕事でもプライヴェートでも縁がなかったので、安い高速バスも開通したことだし・・・というので。
旅先に着いてから、あれこれウロウロする計画を立てるのが何時ものことで、絶対に行きたいところだけ一つかふたつ予め決めておいて、あとは現地でコーヒーでも飲みながらネットで調べたり街の案内パンフを見たりしてうろつき先を決める。
消化試合みたいな旅はなるべく解消したい。
f0065630_199926.jpg

ホテルのロビーのチラシをいろいろ眺めていると、開催中の「宮崎国際音楽祭」のがあり、中を見ると、ちょうど予定のない日に、表記のコンサートが開催されると言うことで・・・・諏訪内女史は何か凄い年代モノのストラディバリウスを使っているとか、メディア的な派手な露出とはまた別に演奏家としては素晴らしくて特に音色がいいとか聞いていたので聴いてみたいナとは思ってたので、早速、会場のメディキット県民文化センターにチケットを買いに行った。
f0065630_21113824.jpg

B席で3000円。福岡のアクロスあたりでは、考えられない価格。旭化成がバックアップしているから可能な価格設定なんだろうか。それにしては、イマイチ売れていない感じではあったが。
f0065630_1994237.jpg

当日、会場のアイザックスターンホールは、7割がた埋まっていた感じ。高名な演奏家のコンサートにしては、とも思ったが。
しかし、演奏は素晴らしかった!!行って良かった。運のよさに感謝。
楽器も素晴らしいんだろうけど、諏訪内女史の音色は、本当にまろやかで変化と陰影に富んでいて、容姿も相俟って、内面も成熟したイイ女の醸し出す雰囲気のものであった。真面目で学究的な性格の方のようで、曲によって音色を使い分けたりしたが、それも思い付きではなく、たとえばバルトークのルーマニア民俗舞曲では、途中に笛をモチーフにしたフレーズが出てくるが、あたかもルバーブやネイのような音色をバイオリンで奏で、もとになった民俗音楽にも耳を傾けているんだろうな、と思ったり。
チャイコフスキーの曲では、独特のロシアの風土を感じさせる雰囲気が、ロシア出身の共演者と共に醸し出されていた。あの、沈んだような響きのピアノの和音にマッチした音色、秘めやかで情熱的なチェロとの掛け合い。「そこ」で自然に生み出された音楽のようだった。
即興というのとは違うが、風土という酒樽から抽出された極上の酒の一滴一滴のようなひとつひとつの音・・・といったらいいのか。チェロの音色とそのひた向きに奏でる姿に厳しくも温かい大地に生きるロシアの農夫をフト思い、音で綴られる風土の息吹のような感じがして、クラシックを聴いていてこんな身近な気持ちになったのも初めてだった。
終わって満場の拍手が鳴り止まず。
お決まりのアンコールは無し。
それも、演奏会そのものの輪郭がハッキリして、とても良かった。

by ryosai160 | 2012-05-12 19:10 | performance/live
2012年 01月 21日

【Youtube動画】12.25 諸岡 光男 個展『December 2011』クロージングライブイベント

先日出演させてもらったイヴェントの動画を、主催者&共演者の諸岡君がYoutubeにupしてくれました。

f0065630_1850315.jpg


リンクはココ
http://www.youtube.com/watch?v=XPO-QDHyc0w

この時は6曲演奏しました。2曲ずつ、「古典」「現代音楽 contemporary music(tone)」「自作曲」と分けたんですが、そのうちの「現代音楽 contemporary music(tone)」のパートがupされています。
諸岡君は映像を担当していますが、signwaveで僕の音と絡んだりしています。
久々に彼の音とも共演できて楽しかったです。

ご覧ください。

by ryosai160 | 2012-01-21 10:57 | performance/live
2011年 12月 23日

【ライブ情報】12.25 諸岡 光男 個展『December 2011』クロージングライブイベント

■場所:八万湯(北九州市八幡東区祇園)

■開場・開演:17:00/17:30

■料金:1500円(1ドリンク込)

■出演…
・ニールマナ(弾き語り)
・吉濱 翔(沖縄よりSkypeでの参加)
・藤岡 定 (sadmb) ÷ anno lab.(オーディオ・ビジュアル・パフォーマンス)
・小山 冴子(弾き語り)×生島 国宜(ライブペインティング)
・Lyopsy108(尺八・電気)×諸岡 光男(映像)

■FOOD&DRINK:工房日々<

■タイムテーブル
17:30~ ニールマナ(弾き語り)
18:10~ 吉濱 翔(沖縄よりSkypeでの参加)
18:50~ 藤岡 定 (sadmb) ÷ anno lab.(オーディオ・ビジュアル・パフォーマンス)
19:30~ 小山 冴子(弾き語り)×生島 国宜(ライブペインティング)
20:10~ Lyopsy108(尺八・電気)×諸岡 光男(映像)

■主催:八万湯プロジェクト実行委員会

■お問い合わせメールアドレス:メールアドレス 八万湯(高橋) kozou721(at-mark)gmail.com

※USTもやります http://www.ustream.tv/channel/morooka※twitterハッシュタグ #hachimanyu

f0065630_2151237.jpg
f0065630_21513464.jpg


今年2回目にして最後のライブです(笑)。
昔、バンドでご一緒してた諸岡君のお誘いで出演することになりました。
だいたい30分ぐらいの演奏です。
会場の「八万湯」は、廃業した銭湯をアートスペースとして再利用し、北九州の文化の発信拠点の一つとする場所のようです。
面子も、諸岡君の日頃のユニークな活動を反映した感じに思います。
上記アドレスにてユーストリーム配信を行うようです。そちらもお楽しみに!!

by ryosai160 | 2011-12-23 19:09 | performance/live
2011年 01月 30日

【ライブ情報】2011.2.6 「津軽三味線ライブ」

f0065630_18463485.jpg


1年ぶりぐらいに、西区の「花うさぎ」さんでライブさせていただきます。

津軽三味線の大石さんと津軽民謡の中野みち子さんを中心にした、津軽色の濃い、冬のひとときを過ごすにはピッタリのライブです。
なかなか間近で聴くチャンスの無い楽器や歌ですので、この機会に是非お越しください。
演奏のみならず、トークも好評です。

なお、14:00の部は、予約でほぼ定員になっているらしいので、17:00の部をおススメします。

ご予約は、直接「花うさぎ」さんへお願いします。

あと、1部と2部の間に、4月にライブされるシャンソン歌手の愛川智子さんが、宣伝も兼ねて「愛の讃歌」を歌われます。
伴奏を務めさせていただきますので、そちらもお楽しみに!!

by ryosai160 | 2011-01-30 22:38 | performance/live
2010年 12月 31日

「  の中に・・・。」(『肉体の劇場』)で尺八を吹いてきた!

f0065630_23272797.jpg
f0065630_23273897.jpg
f0065630_23274536.jpg
f0065630_23275121.jpg
f0065630_23275868.jpg
f0065630_2328332.jpg
f0065630_2328995.jpg
f0065630_23281573.jpg
f0065630_23282158.jpg


年末、今年10本目となるライブに出演してきた。
今年は、ライブをする機会がそんなになかった。
僕自身のモチベーションが、どうも上手くライブという行為に向かっていなかったのもあるし、人間関係の変化、ということもある。

このライブも、実は、最初は演奏することに正直乗り気でなかった。オドリの早穂さんから話が来たときは、演奏しなくていいDJスタイル(要は曲を掛けるだけ)で行こうと思ってた。
しかし、のらりくらりの僕も段々彼女に上手く乗せられて(笑)、ジャンベのまつお君と共演、というカタチで演奏することになった。ま、やっぱり人前で演奏したい、という目立ちたがり家根性も復活してきたのだけど(笑)。
ちょっと冒険してみようということで、エフェクターを今までとは完全にチェンジして、それと共に、新しい感覚を広げてみようと思った。(具体的にいえば、今までやってなかったひずみ系とLOOPを取り入れた)
実は、夏ごろから試みていたが、ズット上手くいかなくて挫折しかけてたのだが、このライブのリハあたりから、急に上手く行き出した。非常にラッキー。諦めなかったのが勝因か??

まつお君とは初共演だが、以前共演してたこれまたジャンベのアジ君の友人ということもあって、初めから楽しく演奏できた。演奏自体も素晴らしい。
彼はなかなかプログレッシヴな精神の持ち主で、次の機会に何かあたらしいものを持ってくる、そんなタイプでそういうところも気に入った。
ライブが終わったら、すぐ帰った。何でも、年末年始、アフリカのマリ共和国にジャンベの修行に行ってくるそうで・・・(今頃、飛行機の中なんだろうナ)

本番は、とても緊張したけど、ライブのあの、独特の緊張感と暖かい感じは、その中に居て、久々に覚える感覚だった。
とにかくリハで練り上げた段取りを狂わせないように必死だった。ま、チョッと狂ってしまったところもあるのだが・・・・orz
エフェクターは思いのほか気持ちよく鳴ってくれて、それだけでも幸せだった。

早穂さんのオドリに対する真摯な情熱が伝わってきて、それに自ずから反応して、ちかっぱ尺八を吹いた。舞踏系の人たちとも違う、体のバネの効いた動き(昨年夏のストラスブールで共演した、ブルキナファソのコンテンポラリーダンサー セイドゥ・ボロ氏に似た感じを覚えた)なので、自分の演奏が平板にならぬように、と焦る。
まつお君のグルーヴは本番でmaxになってて、煽られまくってフレーズをトバしそうだった(汗)。

持ち時間は15分前後と短かったが、時間では収まりきらぬ濃いモノをズシッと感じつつ、最後は、自分のフレーズをLOOPしつつ、それをダブディレイとミュートなどでぶち壊しにかかるDJプレイに出た・・・あ、やっぱり最後はこうなるのか(笑)ま、フェードアウトして静かに終われたけれども。

終演後の拍手に、「ああ、色々思ったけどやっぱりやって良かったナ」とシミジミ思った。
2010年のイイ締めくくりだった。

終わった後、ヤハリと言うか、エフェクターについて質問を何回か受けた。
それらに応えつつ、僕の音楽としては、ヤハリ、コレ抜きには語れない部分が大きいことを改めて実感した。

久々のライブの後のビールは格別だった!!!



主催者の原田伸雄さんの舞踏は、完全にある境地にイッチャってた。なんかヤバかった。
他の出演者の方々の踊り(1組寸劇あり)は様々なスタイルで、それぞれに、その人たちの表現への必然性と愛、をヒシヒシと感じた。
なかなか世間一般に受け入れられない表現ではあるけれども、それでも、それに生き様を賭ける人々、そしてそれを求めてワザワザ会場に足を運ぶ人々の思いは熱い。
そういう人たちの中で表現できるのは、これも人生の大いなる可能性である、と思う。

こういう場を作り続ける原田さんに拍手を送りたい。
そして、お手製の散らし寿司、ご馳走様でした!!

by ryosai160 | 2010-12-31 00:06 | performance/live
2010年 12月 12日

【ライブ情報】2010.12.29 「肉体の劇場」fefteen minites battle

f0065630_9455872.jpg

場所  Space Terra (福岡市中央区警固2-19-9 百田ビル地下1F)

開場  19:00 開演 19:30

料金  前売り 2000円 当日2500円+ ワンドリンクオーダー(ドリンク代別途かかります)

出演  舞踏  秦貴美子 

    舞踏  原田伸雄

    ダンス ヨルカ

    舞踏  松岡智恵

    「  の中に…。・」 
    オドリ:大内田早穂 ジェンベ:松尾太介 尺八:RYOSAI

    パフォーマンス「愛無風有私」
    徳永昭夫


    素劇「ろくろっ首」 
    井口誠司 北村唯 永松貴志 江口隼人 中尾健志 小能見大末輔


タイトルの通り、各々15分ずつの持ち時間で、作品を踊ります。
僕は、大内田早穂のオドリの音担当として、ジャンベの松尾氏と参加します。
短い時間ですが、リハを重ねてかなり濃密でクールな作品に仕上がってきました。

年末のお忙しいときですが、お越しください。

by ryosai160 | 2010-12-12 09:53 | performance/live
2010年 09月 03日

【ライブ情報】2010.9.5(日) 「SACRAMENTA~さからめんた 尺八とピアノのコンサート」に出演

f0065630_1022212.jpg


9月5日(日)

場所:宮の社ギャラリー もも庵(福岡市東区)
開演:pm7:30
料金:¥2000(前売)¥2500(当日)1ドリンク付
出演:重松壮一郎(ピアノ)、RYOSAI(尺八)

音を通して、祈る。

「尺八の異才・RYOSAI」と
「旅するピアニスト・重松壮一郎」。
"静寂なる怒濤"とも評される二人の溢れ出るような音、即興演奏ゆえの絶妙な呼吸、息づかいによって生まれる音が、天と人とを近づける、福岡・夏の一夜。和楽器・洋楽器、ジャンルの壁をはるかに越えた、今宵だけの唯一無二のセッションが展開されます。ご期待ください!

会場の宮の杜ギャラリー もも庵♪は、筥崎宮のすぐ目の前にある、美しいギャラリー。ステージと客席の垣根のない空間で、迫力のステージをお楽しみいただけます。お誘い合わせの上、ぜひお越し下さい!

(以上、重松さんのHPより)


旅するピアニスト・重松さんとのDUOです。
1年半ぐらいぶりかな・・・・
お互いの「旅」がクロスしリンクし、そしてまた旅に出る・・・そんなひと時になる、とおもいます。

お越しください。

by ryosai160 | 2010-09-03 21:14 | performance/live
2010年 08月 25日

【ライブ情報】 2010.8.26~28 "Asian wingsサマーツアー2010"に参加

f0065630_017739.jpg


8月26日(木)

場所:OTIS!(広島市)082-249-3885
開演:pm7:30
料金:¥3000(前売)¥3500(当日)1ドリンク付
出演:Asian Wings
   佐伯雅啓(トンコリ・ウード等)居森やよ美(歌・カオス パッド)
   田中峰彦(シタール)田中りこ(タブラ)小澤敏也(ビリンバウ・パンディーロ)
   児嶋佐織(テルミン)森川良哉(尺八)おおたか静流(歌)


8月27日(金)

場所:パサール満月海岸内「ドラゴン座」・島根県浜田市三隅町田の浦公園内
        0855-32-0654・090-6001-6111     
開演:pm6:30
料金:大人¥3000(当日¥3500)高校生以下¥1500(当日¥2000)小学生以下無料 (ドリンク別途オーダー要) *50名限定    
出演:Asian Wings
        

8月28日(土)

場所:土塔庵(堺市北区土塔町2209)
開演:pm7:00
料金:¥2000(大人)¥500(中高生)小学生以下無料 
*要予約 06-6845-2258(前日まで/福本)090-4300-0410(当日/堀田)          takudoo@d1.dion.ne.jp  
出演:Asian Wings ゲスト : 久保泉(琴)



久々に、ディーヴァ・おおたか静流さんと、各界の強力強烈なミュージシャンが終結したバンドAsian wingsに参加してツアーします。
中国~関西地方を巡るので、お近くの方もそうでない方も、是非是非お越しください!!
人数限定・要予約の日もありますので、ご予約はお早めに。
楽しく修行してきます。

by ryosai160 | 2010-08-25 23:34 | performance/live