萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 04月 29日

4/23 Bassist河崎純「震える石」(at 箱崎水族館喫茶室)を聴く

河崎純さんは、大学に入学してベース(コントラバス)を始められた。
それまでは、音楽をやったことが無く、どちらかといえば、文学や哲学に関心があったらしく、文学部のご出身で・・・
という話を、彼のソロライブ「震える石」を聴いた後にご本人から伺った。
僕も同じような経歴で音楽に関わってきたので、すごく親近感がわく。

もっとも、「震える石」を聴いている最中から、その思いはあったのだが・・・
演奏曲目とご自身の解説の小さなパンフには、1曲1曲に対する想いと取り組みが垣間見えて、所謂レパートリーの域を超えた、その曲そのものを生きる、という気構えが演奏からも感じられた。
そして、スッとやり過ごされがちなことに焦点を当てて、丹念に掘り起こし自己のものにしてゆく意思と姿勢を感じる。


「音楽家」というよりも、言葉と音と映像の関係性について音で思索し実践している「音作家」。
完全にアコースティックな音の中に、エレクトロニック、ノイズのエコーがあり、ソクーロフの「ロシアン・エレジー」をフト思い起こさせるアナログメタリックな音風景がある。
(相当、様々なシチュエイションでの活動をされているのだろうナ・・・と思ったが、後で知ったのだが、かのハードプログレバンド「マリア観音」にも在籍されていたらしい)

ライブ前のリハの後、演奏後、そして「花山」での打ち上げを通して、いろんな話をさせていただいた。
演奏と相俟って、静かで力強い刺激となり、僕自身の次のステップを熟慮するのに格好のひとときとなった。
有難い。

by ryosai160 | 2011-04-29 18:45 | diary


<< 4/23 Bassist河村純...      CD 白石民夫SAXソロ『地下... >>