萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 08月 30日

Strasbourg④  観光

f0065630_032317.jpg
f0065630_0323781.jpg
f0065630_0324389.jpg
f0065630_0324969.jpg
f0065630_0325632.jpg
f0065630_033297.jpg
f0065630_033944.jpg
f0065630_0331757.jpg
f0065630_0332460.jpg
f0065630_0333053.jpg
f0065630_0335279.jpg
f0065630_034018.jpg
f0065630_034759.jpg
f0065630_0341344.jpg
f0065630_0342062.jpg


観光にはそんなに時間が取れなかったけど、それでも、有名なカテドラル(世界一の高さだそうだ)と、プチフランスとEUの会議場には行った。
ストラスブールは、トラムという路面電車が市内をくまなく走っているので、とても移動がしやすい。スーッと走るので、まるで歩く歩道のようだ。
切符の買い方と、自動改札機への通し方にちょっとコツが要ったが。

僕の印象では、ストラスブールは、日本の都市で言うと、奈良に近いのかな、という気がした。
京都も古い街であるが、どこか整然とした中世の匂いがする。奈良は、古代の匂いがする。

出かけた日はとてもよく晴れていて、風も気持ち良かった。
木陰が涼しい。
それでも、ヨーロッパの人々は、お日様に当たるのが好きなんだそう(日照時間が短い土地である、というのも関係しているらしい)で、日向を歩く人ばかりで、暑いから日陰を選んで歩いているのは、日本人の僕ぐらいか。
そういや、練習場でのランチも、クリストフたちは日向で食べて、僕たちは木陰で食べてたな・・・・

アイスクリーム、クローネンブルグのビール、黒ビール、ワイン、エスプレッソ・・・・
と、色んなカフェで食べて飲んだ。
店外にパラソルを出して、そこにテーブルと椅子のあるカフェ(よくパリの街角の風景でとりあげられるような)がヨーロッパでは主流のようだ。
店内で飲食している人はあまり居ない。
やっぱり、日向好きなんですネ・・・・


EU会議場の中庭で、空を見上げると、なぜか、井上陽水の少年時代が口に出ました。
青空に残された 私の心は夏模様

どう転ぶか分からない人生、そのときそのときの気持ちを心に焼き付けるしかないのです。

by ryosai160 | 2009-08-30 00:35


<< Strasbourg⑤  晩餐      Strasbourg③ リハー... >>