萬坊庵・つれづれの記(BLOGと演奏情報)

manbowrec.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 08月 27日

Strasbourg① 風景~やって来た

f0065630_22351889.jpg
f0065630_22352813.jpg
f0065630_22353423.jpg
f0065630_22353985.jpg
f0065630_22354582.jpg
f0065630_2235514.jpg
f0065630_22355733.jpg


アジアからヨーロッパへ初めての移動。作曲家の山本成宏先生と共に。この春からコツコツと準備してきた、先生作の「風の庭」初演に向けてのリハーサルなのである。
草原や砂漠の上を通り、無事、空港に到着。
空港からバスで移動のはずだったけど、思いがけず、初めて会う共演者のクリストフ(ストラスブール・パーカッションの学校の卒業生とのこと。まだ若く、28歳との事)たちに空港に車で迎えに来てもらう。
憧れのアウトバーンを通って、まるで日本の県境を越える様にあっけなくドイツからフランスに。ああ、EUってこういうことなんだ、と実感。

ひたすら眠く、そして全くの異国に来たのにまだハッキリと実感の出来ていない、そのまどろみのような意識にひたすら広がる、夕方の風景。
ひたすら眺める。空の色と光が日本と違い、それだけでもうれしい。
でも、日本で見たような風景もあり、不思議な気持ちになる。

3時間ぐらい掛かって宿に到着。
共演者であり、今回の仕切り役であるストラスブール・パーカッションの中村啓子さんお出迎え。
お手製のシーフードカレーとワインをご馳走になる。とても美味しかった。心遣いが身に染みる。

山本先生ともども、クタクタ。
早々に就寝。

窓を開け放して寝る。
蚊もいなく、クーラーもなく、湿気も無く。
そして街の夜が静か。
とても涼しくて快適。

中村さんから、滞在中の詳しい予定を殆ど聞いてない気がするが・・・・これもフランス流かナ。
ケセラセラ。

by ryosai160 | 2009-08-27 22:52


<< Strasbourg②  朝      日常 >>